« ウスバフユシャク、クロテンフユシャク、ウスモンフユシャク | トップページ | カシトガリキジラミの5齢幼虫 »

2012年2月 2日 (木)

冬のネジキ

 幹がねじれているからネジキ、分かりやすい名前です。 しかし樹皮だけでなく材もねじれていますから、加工し難く利用しにくい木です。
 ネジキは日当たりのいい乾燥気味の所でよく見られます。 アカマツ林などにもよく生えていたのですが、アカマツ林そのものが森林の遷移と共に減少しています。

Nejiki111221_1

 日のよく当たる所のネジキの昨年伸びた枝は、冬に美しい赤い色になります(下の写真)。 この赤い枝は生け花などに用いられます。

Nejiki110129_4

 赤い枝についている芽に注目しましょう。 これまで何度か、芽には頂芽と側芽(=腋芽)があることを書いてきました。 頂芽は枝の先端にあり、伸びてきた枝が冬になって伸びることを休んでいる状態です。 側芽は葉の腋に作られた芽です。 例えばトチノキの冬芽の所でも書いたように、どんどん伸びて高くなろうとする木は頂芽を発達させます。 枝にたくさんついている側芽が伸びると、枝は四方に広がり繁りますが、伸びる勢いが分散され、高くなりにくくなります。
 ネジキはそんなに高くなる木ではありません。 上の枝の写真の右上に、長芽のつくあたりの拡大を入れておきました。 よく見ると枝の先端が取れてしまっています。 たまたまこの枝の先が折れたのではありません。 これを「枝痕」と呼んでいます。 頂芽のような顔をしているのは、枝の先端に最も近い所にある側芽で、葉痕の上にあります。 このような芽を「仮頂芽」と呼んでいます。 仮頂芽は枝痕を伴うことで頂芽と区別されます。

※ ネジキの花や紅葉の様子はこちらに載せています。

|

« ウスバフユシャク、クロテンフユシャク、ウスモンフユシャク | トップページ | カシトガリキジラミの5齢幼虫 »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/43964829

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のネジキ:

« ウスバフユシャク、クロテンフユシャク、ウスモンフユシャク | トップページ | カシトガリキジラミの5齢幼虫 »