« セモンジンガサハムシの越冬 | トップページ | アミメクサカゲロウ »

2012年2月 9日 (木)

トラフズク(幼鳥)

 淀川の河岸林にトラフズクが来ていると聞き、5日に行ってきました。 トラフズクはよく淀川の河岸林にいるのですが、今は成鳥と幼鳥がいるようです。 しかし夜行性で昼間はほとんど飛びませんから、どこにいるのか、みつけるのはたいへんです。
 鳥を探すのではなく、鳥をみている人を探す・・・地元ではなく、情報の乏しい私には、この方法しかありません。
 昼頃に行ってみると何人か観察しておられました。 いたのは褐色の成鳥ではなく、白っぽい幼鳥の方で、樹上ではなく地面でくつろいでいる様子。 聞くと朝からずっとこのままだとか。 草は撮影の邪魔になるし、なかなかこちらを向いてくれませんし、目もなかなか開けてくれません。

Torafuzuku120205_1    横顔

Torafuzuku120205_2    後姿 羽角(外耳状の羽毛)2本はよく分かります

|

« セモンジンガサハムシの越冬 | トップページ | アミメクサカゲロウ »

野鳥2 陸の鳥」カテゴリの記事

コメント

購読してる新聞のチラシで
暮らしのコラム:地球に生きる、いのちと生きる。
毎月一枚づつ生き物の写真が載ってます

おや?見るとトラフズク
>羽角(外耳状の羽毛)2本

が、頭の上に確認、ちょうどワンコがピンと耳を立てたようなカンジ
ズク繋がりでアオバズクを見てみたら無いですね。

投稿: わんちゃん | 2012年3月 6日 (火) 18時06分

フクロウの仲間は、一般的には、羽角のある種がミミズクと呼ばれ、「○○ズク」という名前がつけられていて、羽角のない種がフクロウで、「○○フクロウ」という名前がつけられています。
しかし両者には本質的な違いは無く、英語では両方とも owl です。
ですから、名前の付け方にもいいかげんなところがあって、コノハズクは羽角が無いのに「ズク」がついていますし、シマフクロウは羽角があるのに「フクロウ」です。

投稿: そよかぜ | 2012年3月 6日 (火) 21時39分

芸能人の腕時計.com 1916年、第一次世界大戦の最中にドイツ帝国によってその衛星国としてのポーランド王国が建国された。
第二次世界大戦下の爆撃機で、レギュレーター(高い精度を持ち、標準とされた時計)を担った大型時計をモチーフとした、BRシリーズにも負けないユニークなモデル。
ポーランド人抑圧政策はヴィルヘルム2世がビスマルクを解任した後も続けられ、ドイツ帝国が第一次世界大戦で敗北した1918年に終了した。
ポーランド人にとっての近代や現代は、見方を変えれば、外国人による反ポーランド主義運動と、その屈辱に耐え続けた歴史ともいえる。
夜間外出禁止令、国境封鎖、空港閉鎖、電話回線の遮断、政府による郵便物内容検査などが執行。
反ポーランド主義はそれを熱心に行う人々自身の内に隠れている極右思想・排外思想と密接な関係がある。
彼らが反ポーランド主義の運動を行う際に、作り上げ、利用しているのが、「ポーランド人の恩知らず」、「ポーランドの極右思想」、「ポーランド人の暴力性」、「ポーランドによる自国の侵略」、「ポーランド人の不潔さ」、「ポーランド人の性的なだらしなさ」、「ポーランド人の知能的欠陥」などといった、彼らが作り上げる、現実とかけ離れた恐ろしい「異種(エイリアン)」のイメージなのである。
しかしこの案にはオーストリア皇帝カール1世が乗り気でなく、結局最後までポーランド王国の国王となる人物はついに決まらなかった(カール・シュテファンは1918年にポーランドが独立した後もポーランドに帰化してジヴィエツに住み続け、1933年に当地で死去した。
この戦いで、ソビエト各地にいたポーランド人が迫害の危機に陥り、子供達だけは母国へ戻したいとウラジオストクのポーランド人により「ポーランド救済委員会」が設立された。
文化闘争はドイツ人も含めプロイセン王国内の全てのカトリック教徒を対象としポーランド人は圧倒的多数がカトリック教徒であったため、特に抑圧の対象になった。
抑圧政策によってかえってポーランド人の「連帯」とカトリック信仰は確固たるものになった。
カトリック教徒に対する文化闘争は1878年に頓挫したが、ビスマルクはその後もポーランド人抑圧政策を続けた。

腕時計ショップ https://www.yuku006.com/ProductList1.aspx?TypeId=034930015349143

投稿: 腕時計ショップ | 2020年5月30日 (土) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラフズク(幼鳥):

« セモンジンガサハムシの越冬 | トップページ | アミメクサカゲロウ »