« カケス@金剛山 | トップページ | トラフズク(幼鳥) »

2012年2月 8日 (水)

セモンジンガサハムシの越冬

Semonjingasahamusi120123_1

 セモンジンガサハムシは林床の落葉下などで成虫越冬すると言われているのですが、どういうわけか、地上150cmほどのツバキの葉の裏で越冬していました。 ちなみに食餌植物もサクラ、リンゴ、ナシなどのバラ科と言われているので、これもツバキとは関係ありません。
 下は横から撮ったもので右が頭です。 冬眠中でもいつものとおりキラキラ光っています。

Semonjingasahamusi120123_3

 色や模様はイチモンジカメノコハムシに似ていますが、、セモンジンガサハムシの方が一回り小さく、背に「X」の紋があります。

Semonjingasahamusi120123_2

|

« カケス@金剛山 | トップページ | トラフズク(幼鳥) »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セモンジンガサハムシの越冬:

« カケス@金剛山 | トップページ | トラフズク(幼鳥) »