« ヒメオビオオキノコムシ | トップページ | オオムラサキの越冬幼虫 »

2012年1月30日 (月)

ゴマダラチョウの越冬幼虫

 ゴマダラチョウの食樹であるエノキの根元の吹きだまりの落ち葉に、越冬中のゴマダラチョウの幼虫がいました。

Gomadarachou120115_1

 ゴマダラチョウは年に2~3回発生します。 前に6月の幼虫を載せています(こちら)が、前回の幼虫が緑色であったのに対し、今回の幼虫は、上の写真の幼虫も下の写真の幼虫も、褐色です。

Gomadarachou120115_2

 保護色となるように体の色が異なっているのですが、この幼虫は秋にエノキの葉を食べていた時は緑色だったはずです。 そして春にエノキの若葉を食べて蛹になるのですが、その時はまた緑色に戻るのでしょう。

|

« ヒメオビオオキノコムシ | トップページ | オオムラサキの越冬幼虫 »

昆虫05 チョウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴマダラチョウの越冬幼虫:

« ヒメオビオオキノコムシ | トップページ | オオムラサキの越冬幼虫 »