« ヤモリの卵の殻 | トップページ | ゴマダラチョウの越冬幼虫 »

2012年1月29日 (日)

ヒメオビオオキノコムシ

 木の幹に取り付けられた看板と幹との隙間で越冬中のヒメオビオオキノコムシでしょう。 看板(左下の白いもの)をずらして撮りました。

Miyamaobiookinokomusi120115_2

 ヒメオビオオキノコムシは、体長1cm前後で、カワラタケなどの堅い多孔菌を摂食するオオキノコムシ科の甲虫です。
 頭部全体が黒く、上の写真ではどちらを向いているのさえ注意して見ないとよく分からないので、頭部を拡大してみました(下の写真)。

Miyamaobiookinokomusi120115_1

 ヒメオビオオキノコムシに似たものにミヤマオビオオキノコムシがいるのですが、ミヤマ-はブナ帯を中心として分布し、もう少し大きく、複眼と複眼の間も、もう少し離れているようです。

|

« ヤモリの卵の殻 | トップページ | ゴマダラチョウの越冬幼虫 »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメオビオオキノコムシ:

« ヤモリの卵の殻 | トップページ | ゴマダラチョウの越冬幼虫 »