« シノブゴケ | トップページ | オオタカ@大泉緑地 »

2012年1月14日 (土)

歩くアカアシノミゾウムシ

 ケヤキの樹皮をめくって、その裏で越冬している虫たちを探す時、いちばんよく見つかるのがアカアシノミゾウムシではないでしょうか。
 1年前にもアカアシノミゾウムシのことを書きました(こちら)。 越冬しているアカアシノミゾウムシは体を樹皮に密着させていますし、逃げる時はノミのようにジャンプしますので、なかなかゾウムシらしい姿は撮れませんでした。
 ところが、ここに載せた写真を撮った時は、もちろんジャンプして逃げた個体もいたのですが、気温が適当だったのでしょうか、何が原因か分かりませんが、歩き出すアカアシノミゾウムシが複数いました。 体を持ち上げてくれると、ゾウムシらしい長い口吻がよく分かります。

Akaasinomizoumusi120105_1

Akaasinomizoumusi120105_2_2

Akaasinomizoumusi120105_3

|

« シノブゴケ | トップページ | オオタカ@大泉緑地 »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
アカアシノミゾウムシはノミっていうくらいなので小さいのでしょうね
それにしてはリアル
複眼まで見えますね
ジャンプするゾウムシ?

投稿: エフ | 2012年1月17日 (火) 21時48分

体長は2.5mmほどですが、見てやってください、立派な脚を。10~20cmほどもジャンプします。

投稿: そよかぜ | 2012年1月17日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩くアカアシノミゾウムシ:

« シノブゴケ | トップページ | オオタカ@大泉緑地 »