« ゴマダラチョウの越冬幼虫 | トップページ | ウスバフユシャク、クロテンフユシャク、ウスモンフユシャク »

2012年1月31日 (火)

オオムラサキの越冬幼虫

Oomurasaki120115_1

 昨日載せたゴマダラチョウの幼虫と同じ所にいた越冬中のオオムラサキの幼虫です。 両者とも幼虫はエノキが食樹で、秋に幹を伝って根際の落ち葉に潜り込んで冬眠するのですが、たまたま昨日のゴマダラチョウはクヌギの葉とタカオカエデの葉にしがみついていましたが、このオオムラサキの幼虫は、ちゃんと(?)エノキの葉につかまっていました。
 ゴマダラチョウとオオムラサキはどちらもタテハチョウ科に分類されていて、幼虫の姿もよく似ていますが、背中側にある突起の数がオオムラサキの方が多くなっています。 大きさは、成虫の大きさとは逆に、ゴマダラチョウの幼虫の方が少し大きめでしたが、オオムラサキは春になって脱皮して終齢幼虫になった時の食欲がすごいようです。

Oomurasaki120115_2

 オオムラサキの成虫の写真は、メスはこちらに載せていますが、美しいオスを目撃したのは高い所を飛んでいるもののみ。 まだ写真に撮れないでいます。

|

« ゴマダラチョウの越冬幼虫 | トップページ | ウスバフユシャク、クロテンフユシャク、ウスモンフユシャク »

昆虫05 チョウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/43939348

この記事へのトラックバック一覧です: オオムラサキの越冬幼虫:

« ゴマダラチョウの越冬幼虫 | トップページ | ウスバフユシャク、クロテンフユシャク、ウスモンフユシャク »