« 11月に咲くジュウガツザクラ | トップページ | ヘリヒラタアブ »

2011年11月22日 (火)

クリの木の賑わい

 花の時期でもないのに、クリの木の周囲にいろんな昆虫が飛び回っていました。 何に惹かれて来ているのかと不思議に思ってよく見ると、原因は、たくさんのクリオオアブラムシでした。

Kuriooaburamusi111117_1

 アブラムシは口を枝に差し込んで樹液を吸います。 樹液には糖分はたくさん含まれているのですが、アミノ酸はそんなに多くありません。 アブラムシにはアミノ酸が必要ですから、たくさん樹液を吸わなければならないのですが、そうすれば糖分が余ってきますのて、お尻から余った糖分を排出します。 これは甘露と呼ばれています。 通常はアリがこれをもらって、代わりにアブラムシをガードするというのが、よく見られるシーンですが、この時はあまりアリは見られませんでした。
 結果として甘露は下に落ち、葉や枝を濡らします。 これを吸おうと多くの虫たちが来ているようです。 さらにはクリオオアブラムシを食べようとして集まった昆虫があり、このようにして集まった虫たちを食べようと集まる虫たちもいます。

Kitateha111117_1    口を伸ばして甘露を吸うキタテハ 葉の茶色の部分と重なり、いい保護色です。

Namitentou111117_1    ナミテントウ

Oohanaabuf111117_1    オオハナアブ(メス)

Hanaabu1_111117_1    ハナアブの仲間(種名が分かるようでしたら教えてください)

Harabirokamakiri111117_042    ハラビロカマキリ

 この他にもアメリカミズアブヘリヒラタアブなども来ていましたが、これらは別に項目立てをしています。

|

« 11月に咲くジュウガツザクラ | トップページ | ヘリヒラタアブ »

自然」カテゴリの記事

コメント

>お尻から甘露と呼ばれる甘い液体を出します。 通常はアリがこれをもらって、代わりにアブラムシをガードするというのが、よく見られるシーンです

アリがガードするクリオオアブラムシって?
ちっちゃいのかなぁ?と思いました。

投稿: わんちゃん | 2011年11月24日 (木) 20時42分

クリオオアブラムシの体長は4~5mmありますから、他の多くのアブラムシに比べると、かなり大きく見えます。

投稿: そよかぜ | 2011年11月24日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリの木の賑わい:

« 11月に咲くジュウガツザクラ | トップページ | ヘリヒラタアブ »