« チャ | トップページ | クリタケ »

2011年11月16日 (水)

コマユミ・ニシキギ

 「小さなマユミ(真弓)」という意味の名のコマユミと、紅葉が錦のように美しいというニシキギ、両者は同種の木です。
 コマユミは全国の丘陵帯から山地帯に自生している落葉低木で、ニシキギはよく庭などに植えられています。 対生の葉は早くから紅葉しはじめ、日当たりなど条件が良いと、たいへん美しい紅葉となります。
 学名からすると、コマユミはニシキギの品種ということになります。 本来なら広く自生しているコマユミを母種とし、ニシキギを品種とするのが妥当だという気がしますが、学名は先に記載されたものを母種としています。
 ニシキギはコマユミの茎にコルク質の翼が発達したものですが、その発達の程度には個体差があります。 園芸的には翼のよく発達しているものが好まれています。

Nisikigi061123_1    ニシキギ

Nisikigi061118_1    ニシキギ

Komayumi111029_1    コマユミ

 果実は2つに裂け、中から朱赤色の仮種皮をかぶった種子が1~2個出てきてぶら下がります。

|

« チャ | トップページ | クリタケ »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

葉っぱの落ちたニシキギを生け花に・・・
水が無くても結構平気でいてましたよ。

キレイですね紅葉が。

投稿: わんちゃん | 2011年11月24日 (木) 21時55分

ニシキギ、冬の生け花の材料にはいいでしょうね。
葉っぱはなくても姿は錦、ですか・・・。

投稿: そよかぜ | 2011年11月24日 (木) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/43037252

この記事へのトラックバック一覧です: コマユミ・ニシキギ:

« チャ | トップページ | クリタケ »