« 二上山 | トップページ | アキアカネ »

2011年10月11日 (火)

スカシタゴボウ

Sukasitagobou111001_2

 スカシタゴボウは秋に発芽して冬を越し、春に開花し、種子を散布して枯れるというのが基本的な生活環のようですが、他の時期に発芽して花を咲かせる個体も多いようです。 写真は10月1日に「堺自然ふれあいの森」で撮ったものですが、ちゃんと花を咲かせ、果実を作っています。

Sukasitagobou111001_1

 葉の切れ込みは個体差が大きく、いろいろです。 スカシタゴボウによく似たものにイヌガラシがありますが、イヌガラシの果実はもっと長くなります。
 なお、スカシタゴボウの語源は、調べてみたのですが、よく分かりませんでした。

|

« 二上山 | トップページ | アキアカネ »

草2 離弁花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカシタゴボウ:

« 二上山 | トップページ | アキアカネ »