« モンクロシャチホコ | トップページ | セミノハリセンボン »

2011年10月 1日 (土)

ツマキシャチホコ

 昨日記事にしたモンクロシャチホコと同じ属( Phalera 属)のツマキシャチホコです。 両者は、色彩的には違いますが、幼虫も成虫も、模様のパターンや形態、それに生活環もよく似ています。

Tsumakishachihoko110924_1

 幼虫は集団を形成し、7~10月頃に見られます。 写真はアラカシの葉を食べていますが、他にもコナラやクヌギなどのブナ科の葉を食べて育ちます。 この後、土の中にもぐって蛹になり、冬を越すのも、モンクロシャチホコと同じです。

Tsumakishachihoko090816_1

 成虫は6~8月に出現します。 成虫の前翅尖端には黄白色帯があります。 ツマキシャチホコの「ツマキ」は、この部分を表したものです。
 「ツマキ」を漢字で書けば、「褄黄」です。 この「褄」は着物の端(つま)の意味で、長着の裾(すそ)の左右両端の部分をさします。
 下は成虫を真上から見たものです。

Tsumakishachihoko090816_2

|

« モンクロシャチホコ | トップページ | セミノハリセンボン »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツマキシャチホコ:

« モンクロシャチホコ | トップページ | セミノハリセンボン »