« ミミズクの幼虫とコミミズクの幼虫 | トップページ | ヨツボシモンシデムシ »

2011年10月17日 (月)

クロミノニシゴリ

Kurominonisigori111009_1

 京都府・南山城村童仙房の林の中の川沿いにクロミノニシゴリと思われる木がありました。

Kurominonisigori111009_2   葉の先は急鋭尖頭

Kurominonisigori111009_3   葉の裏には毛
  (保育社「原色日本植物図鑑」では、葉の両面ほぼ無毛とありますが・・・)

Kurominonisigori111009_4   きょ歯は細かくて低く、内曲

Kurominonisigori111009_5   果実は表面黒っぽく、果肉は藍色

 ハイノキ科のサワフタギの仲間には、サワフタギ、タンナサワフタギ、クロミノニシゴリ、クロミノサワフタギの4種がありますが、この仲間は互いによく似ていて、同定が難しく、これまでクロミノニシゴリと同定されたもののなかにも、タンナサワフタギがあるようです(永益英敏:植物分類・地理 43(2))。
 ここでは消去法で、果実の色でサワフタギをはずし、葉のきょ歯の様子からタンナサワフタギをはずし、分布地からクロミノサワフタギをはずして、クロミノニシゴリと判断しました。

|

« ミミズクの幼虫とコミミズクの幼虫 | トップページ | ヨツボシモンシデムシ »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

>え~~と
>黒い実というと?

>黒い実で、例えば身近でよく知られているのではクスノキ、最近ブログに載せた記事ではマツブサの実も黒いですね。

1枚目の写真を見て
コレも黒い実!や!と思いました

投稿: わんちゃん | 2011年10月22日 (土) 00時06分

たしかに。
他にも、ネズミモチ、ヤマブドウなど、まだまだあります。
(コバノガマズミのコメントに関してです)

投稿: そよかぜ | 2011年10月22日 (土) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/42553403

この記事へのトラックバック一覧です: クロミノニシゴリ:

« ミミズクの幼虫とコミミズクの幼虫 | トップページ | ヨツボシモンシデムシ »