« イラクサ | トップページ | ビロードシダ »

2011年10月31日 (月)

リスの“エビフライ”

 奈良公園にいる動物は鹿だけではなく、リスやムササビもいます。(タヌキやイノシシもいます。) リスやムササビは夜行性ですので、夜に探さないとなかなか出会えませんが、いる証拠は、公園にたくさん落ちている、通称エビフライ(下の写真の A : エビ天という人もいます)です。

Risu111018_1

 “エビフライ”は、リスやムササビ(空を滑空できるリスの仲間です)が、松の種子(上の写真の C )を食べるために、松ぼっくり(上の写真の B )の鱗片を咬み取ってしまったものです。

 下の写真は上の一部を接写したものですが、松の種子は鱗片の間に入っています(矢印)。 種子には羽根がありますが、リスたちは下の円で囲んだ部分が狙いです。 リスたちは、この部分を食べるために、熱心に“エビフライ”づくりに励みます。

Risu111018_2

|

« イラクサ | トップページ | ビロードシダ »

動物」カテゴリの記事

コメント

>リスたちは、この部分を食べるために、熱心に“エビフライ”づくりに励みます。

奈良公園の夜のリスたちのその姿を想像して思わず笑み笑み・・・

投稿: わんちゃん | 2011年11月 1日 (火) 17時15分

リスたちも鹿同様人に慣れて、かわいいしぐさを見せてくれればいいのにね。

投稿: そよかぜ | 2011年11月 1日 (火) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスの“エビフライ”:

« イラクサ | トップページ | ビロードシダ »