« ナツノタムラソウ | トップページ | アリノトウグサ »

2011年9月 3日 (土)

キカマキリモドキ

 リョウブの葉の裏にいたキカマキリモドキです。 とりあえず1枚撮って、正面から撮ろうとした時に、誤って枝を揺らせてしまい、逃げられてしまいました。

Kamakirimodoki110828_1

 カマキリモドキの仲間(カマキリモドキ科)は、日本では数種が確認されています。 分類学的にはカマキリ目ではなく、アミメカゲロウ目に分類されています。 たしかに下半身はクサカゲロウに似た雰囲気を持っています。 上半身も、たしかにカマキリに似てはいるのですが、鎌の構え方が違っています。
 カマキリモドキも昆虫を捕えて食べますので、カマキリとカマキリモドキは、全く別のグループの昆虫が同じ目的で進化し、結果的に似た形態になった(これを収斂進化と呼んでいます)と考えられます。 また体の色は、ハチに擬態しているのではないかと考えられています。

 アミメカゲロウ目(脈翅目)に分類されている昆虫で、今までにこのブログで取り上げたものには、ラクダムシクサカゲロウウスバカゲロウなどがあります。 翅の様子など、やはり似た特徴を持っていますね。

|

« ナツノタムラソウ | トップページ | アリノトウグサ »

昆虫09 その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
うっかり枝を揺らして逃げられる。。
その時はとっても悔むのですがなぜかよくやってしまいます
収斂進化はしゅうれんしんかと読むのですね
進化って面白い

投稿: エフ | 2011年9月 4日 (日) 23時19分

こういう失敗をしていると、望遠マクロがほしくなります。

> 収斂進化はしゅうれんしんかと読むのですね

そうばい
詳しくはWikipediaでどうぞ

投稿: そよかぜ | 2011年9月 5日 (月) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キカマキリモドキ:

« ナツノタムラソウ | トップページ | アリノトウグサ »