« ヤマトシロアリの生殖虫(有翅虫) | トップページ | ウスバシロチョウ »

2011年6月12日 (日)

コシダの葉の展開

 このブログの2011年2月5日にコシダを記事にし、その中で、コシダは数年かけて1枚の葉を展開すると書きました。 コシダの茎は地下茎で、この地下茎から伸び出し、地面から顔を出した1本の中軸に続く全体が1枚の葉なのですが、この葉は分岐を繰り返しています。 はたして1年間に葉のどれだけの部分が展開するのか、百聞は一見に如かず、その葉の展開の様子を撮ってみました。
 まずは新しく地上に出た1枚の葉が開く様子を観察します。

Kosida110521_1

 上の状態では、まだ他の多くのシダとそんなに様子は変りません。 これがこの春だけでどこまで分岐するのか・・・。

Kosida110424_1

 上の写真では、中軸が二股分岐し、さらにその上で二股分岐しかかっています。

Kosida110604_1

 そして上が葉の展開終了近くの状態です。 上に写っている全てが、この春に展開した部分です。
 1枚目の写真の1つの芽がここまで展開するとは信じられないかもしれませんが、上の写真をクリックして拡大し、よく見てください。 葉の末端のどの部分もまだ完全には開ききっていません。

 そして1年後、左右に広がった羽片の間から、次の芽(=葉の一部)が伸び出してきます。(下の写真)

Kosida110424_2

|

« ヤマトシロアリの生殖虫(有翅虫) | トップページ | ウスバシロチョウ »

植物(種子植物以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コシダの葉の展開:

« ヤマトシロアリの生殖虫(有翅虫) | トップページ | ウスバシロチョウ »