« クロマダラタマムシ | トップページ | メスアカケバエ »

2011年5月14日 (土)

オドリコソウ

Odorikosou110506_1
 葉腋に輪生する花の様子を、笠をかぶった踊り子達が並んだ姿に似ているとされるオドリコソウです。
 私の子供の頃は町中の舗装されていない道の脇の日陰によく咲いていた記憶があるのですが、適度な湿り気を持ったそんな環境もなくなり、オドリコソウを町の中で見ることは、たいへん稀になってしまいました。
 オドリコソウの花の色は、淡紅紫色と白色があり、地域によって偏りがあるようです。 上に書いた私の小さい頃の記憶は前者で、写真を撮るようになって子供の頃の濃い色のオドリコソウを撮りたいと思っているのですが、いつの間にか大阪付近で見るオドリコソウの花の色は、白っぽいものばかりになってしまっているようです。

Odorikosou110506_2

 花を覗き込めば、長いオシベ2本と短いオシベ2本の葯がきれいに並んでいます。

|

« クロマダラタマムシ | トップページ | メスアカケバエ »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

ちゃんと虫たちが合理的に・・・

>適度な湿り気を持ったそんな環境

そうですね、
八幡の背割り堤、加茂御藪、開き橋のそば
わんちゃんがオドリコソウに出合った場所です。

投稿: わんちゃん | 2011年5月15日 (日) 22時36分

定期的に草刈りされる所は、草刈りの時期がそこに生える植物の種類を決める1つの要素になっているのでしょうね。

投稿: そよかぜ | 2011年5月16日 (月) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/39990505

この記事へのトラックバック一覧です: オドリコソウ:

« クロマダラタマムシ | トップページ | メスアカケバエ »