« モミジニタイケアブラムシ | トップページ | 5月初旬のイスノキ »

2011年5月 7日 (土)

コツバメ

 ここで取り上げているのはシジミチョウの仲間のコツバメです。 子ツバメはこちらでどうぞ (^_-)

Kotubame110502_1

 コツバメの成虫は、春にのみ里山などで見られるシジミチョウの仲間です。 少なくとも大阪府下では個体数はそんなに多くなく、堺市ではまだ記録が無いはずです。 写真は大阪府の北部で撮ったものです。
 翅の表は青い色をしているのですが、飛んでいる時以外は、なかなかこの色を見せてくれません。
 チョウやガで名前に「ツバメ」とついている場合は、尾状突起のある翅をもつものが多いのですが、このコツバメの場合は尾状突起は見当たりません。 コツバメの場合の「ツバメ」は素早い飛び方から来ているのでしょうか。

Kotubame110502_2    ウワミズザクラで吸蜜中のコツバメ

◎ 堺市で近接撮影したコツバメをこちらに載せています。

|

« モミジニタイケアブラムシ | トップページ | 5月初旬のイスノキ »

昆虫05 チョウ」カテゴリの記事

コメント

ウワミズザクラで吸蜜中のコツバメ
目立たぬように裏側に居るのかな?と思ったんですが、たまたまやろなぁと思いました

地面に居るコツバメは旨い具合に翅が保護色になってるように思ったんですけど・・・

投稿: わんちゃん | 2011年5月13日 (金) 14時23分

褐色系の翅は、地表(土か落ち葉)では保護色でしょうね。
日向ぼっこするなら翅を広げてくれたら良いのに・・・。

投稿: そよかぜ | 2011年5月13日 (金) 22時24分

>日向ぼっこするなら翅を広げてくれたら良いのに・・・

さぞかし、きれいな色なんでしょうね、
青色とありますが、ルリ色みたいな?
見てみたいですねぇ・・・

投稿: わんちゃん | 2011年5月14日 (土) 23時16分

光の具合によっても変化しますが、渋めの紺色といったところでしょうか。
特にオスの前翅中央には色合いの違った性標もあり、撮りたいですね。

シジミチョウの仲間は比較的よく翅の表を見せてくれるのですが、このコツバメは、とまっている時はめったに翅を広げません。

投稿: そよかぜ | 2011年5月15日 (日) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コツバメ:

« モミジニタイケアブラムシ | トップページ | 5月初旬のイスノキ »