« サワオグルマ | トップページ | コバンノキ »

2011年5月17日 (火)

ラクダムシ

 ニッケイの木に来ていたラクダムシですが、ニッケイの木にいたのはたまたまでしょう。 長い産卵管があるのでメスです。

Rakudamusi110515_1

 この虫の名前を聞いた多くの人は、「コブも無いのにどこがラクダだ!」と思われるのでしょうね。 この名前はドイツ語のKamelhalsfliegen、つまり Kamel(ラクダ)+hals(首)+fliegen(羽虫)からきています。 のほほんとした首をたるませたラクダのイメージがあるというのですが、どうでしょうか・・・。 ちなみに英語では snakefly で、細長い体を蛇に見立てています。

Rakudamusi110515_2

 幼虫はマツの穿孔虫を食べているのですが、成虫は雑食性とも言われていますが、何を食べているのかよく分かっていないようです。 いずれにしても、分類学的にも近縁の虫としてはキスジラクダムシがいるくらいで、姿とともに「変な虫」になるのでしょうね。

|

« サワオグルマ | トップページ | コバンノキ »

昆虫09 その他」カテゴリの記事

コメント

やっぱりね、思ったんです
タイトルを見たとき、虫の背中に、どんなコブがあるのかな?って

全体像を見ると、べっこう細工のような色合い・・・
透き通った翅・・・

ドイツ語圏と英語圏、双方の人たち
同じ虫を見てもラクダ、蛇とイメージするにもエライ違いがあるんですね。

投稿: わんちゃん | 2011年5月18日 (水) 21時40分

蛇とラクダ、民族性の違いなのか、それとも名前をつけた人の個人的感性のちがいなのか・・・。
私的には、蛇よりも、自国には野生ではいないラクダの方が、変った、珍しい、という意味が含まれているようで、そんなにラクダに似ていなくてもいいのではないか、とも思います。

投稿: そよかぜ | 2011年5月18日 (水) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラクダムシ:

« サワオグルマ | トップページ | コバンノキ »