« 5月初旬のイスノキ | トップページ | クマガイソウ »

2011年5月 9日 (月)

クリアナアキゾウムシ

Kurianaakizoumusi110504_1

 近くの公園のクヌギにクリアナアキゾウムシがいました。 体長は約1.5cmです。
 名前に「クリ」とついていますが、幼虫は、クリに限らず、クヌギやコナラなどの根を食べるようです。 その幼虫が成虫になって幹を登ってきたのでしょう。
 名前の「アナアキ」は、写真のとおり、体の表面に小さな凹み(=穴)がいっぱいあるところからです。

Kurianaakizoumusi110504_2

 アナアキゾウムシの仲間は、マツアナアキゾウムシ、リンゴアナアキゾウムシなど、互いによく似ているのですが、上に書いたように、クヌギにいたのでクリアナアキゾウムシに間違いないでしょう。

|

« 5月初旬のイスノキ | トップページ | クマガイソウ »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

名前にアナアキがついているので
特定の木に片っ端から穴をあけていくのかと思いました。
自分の身体にいっぱい小さな穴があるんですねぇ。

ゾウムシの口って特徴ありますね。

投稿: わんちゃん | 2011年5月13日 (金) 14時40分

口(吻)の先には“ドリルの刃”がついています。

投稿: そよかぜ | 2011年5月13日 (金) 22時26分

エッ!?
やっぱり木に穴を開ける?の?ですか?

投稿: わんちゃん | 2011年5月15日 (日) 22時53分

産卵時には口吻で穴を開け、そこに産卵管を挿入して産卵するのでしょうね。

投稿: そよかぜ | 2011年5月16日 (月) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリアナアキゾウムシ:

« 5月初旬のイスノキ | トップページ | クマガイソウ »