« リョウメンシダ | トップページ | アラカシの芽 »

2011年2月17日 (木)

ニッポンオナガコバチ(メス)

Nippononagakobachi110213_1

Nippononagakobachi110213_2

 ヤツデの葉の表でじっとしていました。 体長は、前に突き出している触角を含めず、翅端までが4.5mmほどです。
 ニッポンオナガコバチはクロガネモチやウメモドキなどの実の内部に寄生して成虫にまで育ち、12月頃に実から出て交尾し、春の産卵まで寒さに耐えて暮らすのでしょう。
 オスはほとんど真っ黒です。

※ オスやクロガネモチからの羽化に関してなどはこちらに載せています。

|

« リョウメンシダ | トップページ | アラカシの芽 »

昆虫07 ハチ」カテゴリの記事

コメント

ニッポンオナガコバチを分解してみました
日本特有?
尾(?)が長い?
ハチの仲間で、ハンパな小ささじゃない?

横顔も上から見たのもとてもカワイイです。

投稿: わんちゃん | 2011年2月18日 (金) 22時34分

小さなハチは、た~くさんの種類がいます。

お行儀よくしていたので、“お行儀よく”撮ってみました。

投稿: そよかぜ | 2011年2月19日 (土) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニッポンオナガコバチ(メス):

« リョウメンシダ | トップページ | アラカシの芽 »