« 樹皮の下で越冬するカメムシたち | トップページ | ツワブキの種子 »

2011年1月15日 (土)

樹皮下のヤマギシモリノキモグリバエ(?)

 樹皮の下では、小さなハエの仲間もよく見つかります。 いろんな種類がいるようなのですが、ハエの仲間の分類は遅れていてよくわかっていないうえに、一般向けの書籍も少なく、調べるのがたいへんです。 下もヤマギシモリノキモグリバエだとは思うのですが・・・。

Kurotuyashoujoubae110102_1

Kurotuyashoujoubae110102_2

 ヤマギシモリノキモグリバエなら、冬季にも葉の表に集団で集まることがよく知られていますが、温度が低い時には樹皮の下に潜り込むのでしょうか。

 樹皮の下には、まだまだいろんな虫たちがいるのですが、1月6日からはじめた今回の「樹皮の下で越冬する虫シリーズ」は、とりあえず終わりにします。

Qq101227_1     クサカゲロウの一種の幼虫(?)

 なお、樹皮の下で越冬する虫たちについては、今回のシリーズ以前にも、ウスキホシテントウプラタナスグンバイなどについて記事にしています。

|

« 樹皮の下で越冬するカメムシたち | トップページ | ツワブキの種子 »

昆虫06 ハエ・アブ」カテゴリの記事

コメント

越冬中
さすがに、じぃ~っとしてるように見えてます。

あの~眼を教えてください。

投稿: わんちゃん | 2011年1月15日 (土) 23時54分

紅色の部分全体が複眼です。
2枚目の円形に白っぽくなっている部分は光の反射です。

投稿: そよかぜ | 2011年1月16日 (日) 07時50分

黒い体色に紅色の目、黄色い脚先、
半透明の翅…オシャレなハエですね~
3枚目の虫の名前はお判りになりますか?
先月、山道で見た虫によく似ているんです。
何かの幼虫でしょうか?

投稿: 柚子 | 2011年1月16日 (日) 08時30分

3枚目の虫はたいへん小さく、写真を見てはじめて写っているのに気づきました。種類はクサカゲロウの幼虫かなという気もしますが、分かりません。
これによく似た虫が山道にいたということですが、白や褐色ならクサカゲロウの幼虫(40種ほどいます)かもしれませんし、黒っぽければ陸生のホタルの幼虫かもしれませんが、他にもこのような体つきをしている幼虫はいろいろいるようです。

投稿: そよかぜ | 2011年1月16日 (日) 09時31分

私が山道で見た虫は、白っぽい褐色をしてたので
クサカゲロウの幼虫かもしれませんね。でも、
このような体つきの幼虫は他にも色々いると聞いて、
名前を特定するのは止めておこうと思いました。
ありがとうございました。

投稿: 柚子 | 2011年1月16日 (日) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹皮下のヤマギシモリノキモグリバエ(?):

« 樹皮の下で越冬するカメムシたち | トップページ | ツワブキの種子 »