« ユズ | トップページ | ヨツモンホソチャタテ »

2011年1月20日 (木)

アシダカグモの越冬

 アシダカグモは屋内で見かける大きなクモで、1年限りの命ではなく、5年前後の寿命だとされています。 このブログでもアシダカグモについて記事にしたところ、長期にわたって左の「人気記事ランキング」に載る記事となり、たくさんの方からコメントをいただいています(今日現在のコメント数は79)。 そのうちのお一人である「み。」さんこと Millet.K さんからは、アシダカグモの越冬中の様子を写真で送っていただきました。
 アシダカグモのことは、あちこちのブログやHPに載せられています。 しかしそのほとんどは、暖かい時期に動き回っているアシダカグモです。 越冬中のアシダカグモはそんなに動き回らないでしょうから、目立ちません。 どのような場所で、どのような姿で越冬しているのかを紹介した記事は、ほとんど目にすることはありません。
 今回送っていただいた越冬中のアシダカグモの写真を見ると、越冬場所は変えていないものの、けっこう動いていることが分かります。
 場所は2重になっている窓の間で、写真の下の木枠側に室内側の窓があり、写真の上に室外側の窓があるとのことです。 この窓は天井近くにあり、暖かい空気は上に昇りますから、一定の温度は保たれているようです。

Asidaka101126_1    2010年11月26日

Asidaka110118_1    2011年01月18日

Asidaka110119_1    2011年01月19日

 特に後ろの2枚は、1日で向きを変えています。 いつもこれくらい動いているのか、写真を撮られることが刺激になって眠りが浅くなったのか、とにかく冬眠中も全く動けないということではないようです。

 この後の様子はこちらで紹介しています。

|

« ユズ | トップページ | ヨツモンホソチャタテ »

クモ」カテゴリの記事

コメント

大きなアシダカグモがスッポリと入れる
広すぎることなく狭すぎることもなく
丁度、いい塩梅の越冬場所を見つけて
何か夢でも見ているのかな?
「う~~ん」とかなんとか言いながら
浅い寝返りを打ってみたり・・・みたいなカンジ?

投稿: わんちゃん | 2011年1月21日 (金) 22時13分

立派な記事にしていただきありがとうございます。
日中暖かくなるとからだがほぐれてくるのか
はさまってる感がなくなり
自分の脚でサッシにつかまっているような
姿勢になります。
まだまだこれから本格的に寒く
家の中には餌が見当たりません。
(ゴキブリは秋口に退治された?)
早すぎる目覚めとならぬよう
見守るつもりです。

投稿: み。 | 2011年1月22日 (土) 03時26分

わんちやん、クモがどんな気持ちで寝ているのか、夢を見ているのか見ていないのか、これこそクモをつかむような話ですね。

み。さん、写真提供ありがとうございました。
気温の低い時の変温動物はそんなに餌を食べなくても大丈夫ですが、私が不思議に思うのは、水を飲まなくても大丈夫だということです。気門から逃げる水分はほんとうに少ないようですね。

投稿: そよかぜ | 2011年1月22日 (土) 07時30分

その後のアシダカさん情報。
冬眠状態に入ってからちょうど90日が経過。
28日の朝10時ごろ覗くと
窓枠にしっかりつかまり
目覚めている状態でした。
夜はまた寝ているようですが
いまのところエサは見当たらず
(室内にカマドウマが数匹いたのですが
いつのまにか全員乾燥しています)
いくらなんでも水分が気になります。
本格的に目覚めたら内外両方の窓を開けて
彼女に選択してもらおうと思います。


投稿: み。 | 2011年1月29日 (土) 02時44分

温度によって動けるようになったり動きづらくなったり、ということなのでしょうね。
継続して観察すると、いろいろおもしろいことが分かりますね。

投稿: そよかぜ | 2011年1月29日 (土) 20時50分

2月18日早朝、雨が降っています。
まだ暗いときにのぞいたところ、隙間から全身を出していました。写真を撮りましたのでお送りしたいと思います。掲示板かメールかどちらがよいでしょうか?

投稿: み。 | 2011年2月18日 (金) 06時27分

思っていたより早い時期から動き出すのですね。
写真はメールでお願いします。機会を見て、またこのブログで紹介させていただきます。

投稿: そよかぜ | 2011年2月19日 (土) 07時01分

メールにて5点お送りいたしました。
ご確認ください。
昨日は暖かかったのでダマされたのかとも思います。

投稿: み。 | 2011年2月19日 (土) 16時53分

ありがとうございました。
記事にまとめ、近日公開させていただきます。

投稿: そよかぜ | 2011年2月20日 (日) 08時36分

今年もアシダカグモの越冬期間に入りました。
ごぶさたしています。
こちらで取り上げていただいたこの個体は
9月末から姿を見せません。どこか快適な場所で
越冬しているのであればよいのですが。
秋になって外から侵入して来た成体メスが
ただいま仕事場の机の後ろで越冬中。
隙間なので写真はうまく撮れませんが
姿だけは確認できる状態です。
なじみの成体(呼び名のあるクモたち)たちが
春になってまた顔を見せてくれるのが楽しみです。

投稿: み。 | 2011年11月27日 (日) 11時54分

今年は暖かい日もあったのですが、みんな冬眠してしまうのですね。
冬眠に入ったのはいつ頃からでしょうか。
今年産まれた子グモたちはどれくらいまで成長したのでしょうか。

投稿: そよかぜ | 2011年11月27日 (日) 21時56分

20度越えから一気に真冬となった木曜日、
バスルームの壁に今年産まれの子グモ発見。
暖かさにつられてうっかり目覚めたものの
寒くなって困っている風情でした。
「アシダカグモの子グモ誕生」で
とりあげていただいた
一番早く生まれた子だと思いますが
脱皮5〜6回くらいでしょうか。
9月半ば生まれの子グモは
脱皮2〜3回くらいで冬眠しているはずです。

成体、亜成体の冬眠は10月半ばでした。

投稿: み。 | 2011年12月 3日 (土) 03時41分

5~6回の脱皮ということは、既に成体と同じくらいの大きさになっているということでしょうか。
無事に冬を越す事ができればいいですね。

投稿: そよかぜ | 2011年12月 3日 (土) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/38547573

この記事へのトラックバック一覧です: アシダカグモの越冬:

« ユズ | トップページ | ヨツモンホソチャタテ »