« 写真などを追加しました | トップページ | 伊吹山 »

2010年8月 1日 (日)

ギンツバメ

Gintsubame100723_1

 昨日に続いてツバメガ科の蛾をもう1種、ギンツバメです。 とは言っても、昨日のツバメガ科フタオガ亜科はフタオガ科として独立させる考えもあり、その場合は、ツバメガ科に分類される蛾は、日本ではギンツバメとヤクシマギンツバメの2種しか知られていません。 いずれにしても、ツバメガ科(フタオガ科も)は熱帯地方に多く見られる種類です。
 成虫は夏のはじめと秋の2回発生します。 夜行性で、灯火に飛来することも多いのですが、昼間は葉の上で休んでいることが多く、撮りやすい蛾です。 多くの蛾は葉の裏に隠れていることが多いのに、この目立つ色彩で葉の上にいるというのは、どういうことなのでしょうか。
 幼虫はガガイモ科の植物の葉を食べて育ちます。

|

« 写真などを追加しました | トップページ | 伊吹山 »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

コメント

大きな口が怖~い!!
と思ったのはわんちゃんだけ?かな?

投稿: わんちゃん | 2010年8月 1日 (日) 20時32分

この蛾を食べようとして近づいた鳥に対しても、自分が食べられそうな大きな口が開いていると恐怖心を与えることができているとしたら、おもしろいですね。

投稿: そよかぜ | 2010年8月 2日 (月) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギンツバメ:

« 写真などを追加しました | トップページ | 伊吹山 »