« キヌタソウ | トップページ | キリンソウ »

2010年8月 7日 (土)

キバナカワラマツバ

Kibanakawaramatuba100731_2

 キバナカワラマツバは、昨日のキヌタソウと同じ Galium属(ヤエムグラ属)の植物で、河原や海岸の砂地から高山帯の草地にまで、広い範囲に生える多年草です。
 葉が輪生している(ように見える)ことや、小さい花の花弁が4裂していることなどは共通点ですが、キバナカワラマツバの葉は細く、乾燥に耐えやすくなっています。

Kibanakawaramatuba100731_1

 キヌタソウのところで、輪生に見える葉はじつは対生で、他は托葉だと書きましたが、このキバナカワラマツバでも、こんなにたくさんの葉が輪生しているように見えても、じつは葉は対生で、他は全て托葉起源と言われています。 いちどしっかりと葉の組織を調べてみたいものです。
 以前カワラマツバについて書きましたが、キバナカワラマツバとカワラマツバは変種の関係にあります。 伊吹山では、キバナカワラマツバ、カワラマツバの他に、両者の中間のような ウスギカワラマツバも見ることができます。

|

« キヌタソウ | トップページ | キリンソウ »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

今の時季
毎朝の散歩コースで毎度おなじみなのが、カワラマツバ、
そのお花が特有のにおいが・・・と。

キバナカワラマツバ拡大して見ると
カワラマツバにハイそっくりです、
においはどうだったんでしょう?

投稿: わんちゃん | 2010年8月 8日 (日) 09時58分

特有のにおいはあるのでしょうが、いつも周囲ににおいを漂わせているほどではないようですね。

投稿: そよかぜ | 2010年8月 9日 (月) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キバナカワラマツバ:

« キヌタソウ | トップページ | キリンソウ »