« コアシダカグモ | トップページ | シオマネキ »

2010年7月23日 (金)

ムラサキツマキリヨトウ

Murasakitumakiriyotou090720_1

 ムラサキツマキリヨトウは、平地では5月より出現しはじめ、山地に行くほど出現は遅くなりますが、各地で普通に見ることのできるガです。 ただし、この仲間は、キスジツマキリヨトウ、ヒメツマキリヨトウなど、たいへんよく似た種類が多いので、注意が必要です。
 幼虫はワラビやカニクサなどの葉を食べて育ちます。

 ところで、「ツマキリ」とは何なんでしょうか。 翅の白い曲線が刺身などにつく「ツマ」に見えるということではなく(^-^; 前翅の端(つま)が切られたように見えるということで、「紫端切夜盗」なのでしょう。

|

« コアシダカグモ | トップページ | シオマネキ »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

コメント

>キスジツマキリヨトウ、ヒメツマキリヨトウなど、たいへんよく似た種類が多いので、注意が必要です。

ホンマ注意が必要ですね、
モノは試しでネット図鑑で見てみました
ツマキリヨトウ・トリオは三者ともソックリ
注意して見ても、違いの分からないわんちゃんです、トホホ・・・

投稿: わんちゃん | 2010年7月27日 (火) 16時46分

トリオではなく、他にも似たものがいっぱい。それだけ蛾の種類が多いということなのでしょうね。

投稿: そよかぜ | 2010年7月27日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキツマキリヨトウ:

« コアシダカグモ | トップページ | シオマネキ »