« ササユリ | トップページ | コイチャコガネ »

2010年6月10日 (木)

クサギカメムシ

 クサギカメムシは日本のほぼ全土に分布する普通種です。 クサギでよく見られることからの名前ですが、多食性で、いろんな植物の汁を吸います。 特に果樹や豆類などの農作物にもよく付き、古くから知られている害虫です。 下はソラマメに集まっているところで、仲間を呼び寄せるにおいでも出しているのでしょうか、よくこのような集団を作ります。

Kusagikamemusi100606_1

Kusagikamemusi100606_2

 成虫は越冬のために人家に入り込むこともあり、悪臭を出して嫌われてきた虫でもあります。
 地方によっては、ススイロカメムシ、サビガイダ、チャイロガイダなどと呼ばれており、方言が多いことは、それだけよく知られていた虫であることを意味します。
 ところで、カメムシのことを「ガイダ」とよぶ所が、特に関西ではあちこちにあるのですが、南東ヨーロッパで見られる1枚リードのバグパイプもガイダという名前です。 カメムシの口吻をガイダのドローン管に見立てたのでしょうか。

Kusagikamemusi100606_3

|

« ササユリ | トップページ | コイチャコガネ »

昆虫03 カメムシ・セミ」カテゴリの記事

コメント

この虫の名前が解らなかったときに
「近くにクサギが生えていませんでしたか?」って・・・・・
「ハイハイ生えてました」
ってことで、すぐ覚えられました。

こんな立派な口吻には気付いてませんでした。

投稿: わんちゃん | 2010年6月19日 (土) 09時54分

普段は口は腹側にくっつけていますからね。

投稿: そよかぜ | 2010年6月19日 (土) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クサギカメムシ:

« ササユリ | トップページ | コイチャコガネ »