« ミツガシワ | トップページ | アカシマサシガメ »

2010年5月18日 (火)

クロユリ

Kuroyuri100516_1

 この項の写真は六甲高山植物園で撮ったものですが、本来のクロユリは本州中部以北に咲く高山植物です。
 このクロユリは、コバイモなどと同じユリ科バイモ属に分類されています。 そのように意識して見れば、花被の外側に出張った様子など、よく似ています。
 花のにおいは、人には決していいにおいとは言えません。 クロユリの花粉を媒介するのはケブカクロバエが中心で、このにおいでこのハエを呼び寄せているようです。
 小関裕而作曲の「黒百合の歌」の2番に、「黒百合は魔物だよ 花の香りが沁み付いて 結んだ二人は離れない」という歌詞がありますが、これが“魔の香り”なのでしょうか。 花言葉も「恋」「呪い」「復讐」です。

Kuroyuri100516_2

 葉は花に近い所では互生ですが、少し下になると葉と葉が接近し、輪生状になります。

|

« ミツガシワ | トップページ | アカシマサシガメ »

草3 単子葉」カテゴリの記事

コメント

俯いて咲く様はカワイイ・・・

>葉は花に近い所では互生ですが、少し下になると葉と葉が接近し、輪生状になります。

お花に近い所では互生・・・
というのには気がつきませんでした。

もう少し歌うと
♪黒百合は毒の花 アイヌの神のタブーだよ♪
と、続きます

歌えるわんちゃんは、お幾つ?って聞かれそう。

投稿: わんちゃん | 2010年5月18日 (火) 18時05分

 クロユリ の短歌
よく知られた花なのに
  意外と歌に詠まれていません。
相当 昔の歌と思われますが
朝吹磯子の
 『 アイヌ少女の 秘めたる夢を おもひつつ 
      黒ユリの球根 ここに購ふ 』
が、ありました。

投稿: S.ひでき | 2010年5月18日 (火) 19時23分

わんちゃん、この歌、恋は毒と分かっていても恋に燃え尽きたい、という歌なんでしょうかね。

S.ひできさん、クロユリは不思議な魅力で有名になりましたが、高山や北海道に行かなければ自生は見られない花、歌に詠まれる事が少ないのは、身近な花ではなかったのでしょうね。

投稿: そよかぜ | 2010年5月19日 (水) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロユリ:

« ミツガシワ | トップページ | アカシマサシガメ »