« チュウシャクシギ | トップページ | キアシシギ »

2010年5月10日 (月)

ホウロクシギ

 昨日記事にしたチュウシャクシギよりも、もっとくちばしの長いシギがいます。 ダイシャクシギとホウロクシギです。
 下の写真は、右はチュウシャクシギで、左がホウロクシギです。 ホウロクシギの顔は写っていませんが、チュウシャクシギより体が大きく、くちばしもチュウシャクシギよりもかなり長いのが分かるでしょう。

Houroku100501_1

 ホウロクシギは、シギの仲間としては最大級の大きさです。 ダイシャクシギもほぼ同じ大きさですが、ダイシャクシギは飛翔時に腰と翼の下面が白く見えますし、羽をたたんでいても、下腹部が白く、全体的に褐色味が少ない色をしています。

Houroku100501_3

 ダイシャクシギもそうですが、ホウロクシギのくちばしの長さは、頭の長さの3~4倍あります。 写真ではくちばしが重そうな感じがしますが、実際の行動を見ていると、軽やかに長いくちばしを振り回しています。

Houroku100501_2

|

« チュウシャクシギ | トップページ | キアシシギ »

野鳥1 水辺の鳥」カテゴリの記事

コメント

オヤオヤ、明日のキアシシギも嘴が長いと思いましたが、なんのなんのですね。

うまいことできてますね、
くちばし長けりゃあんよも長い・・・・・

投稿: わんちゃん | 2010年5月11日 (火) 22時30分

あんよが長けりゃ、それだけ深い所でも歩いて餌を探せるわけですね。

投稿: そよかぜ | 2010年5月12日 (水) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/34619257

この記事へのトラックバック一覧です: ホウロクシギ:

« チュウシャクシギ | トップページ | キアシシギ »