« ホラシノブ | トップページ | オオバノイノモトソウ »

2009年12月24日 (木)

カヤネズミの巣

 カヤネズミはススキやオギなどのカヤ原に住むネズミです。 尾を含めない体の長さは5~8cmくらいで、ほぼ同じ長さの尾を持つ小さなネズミす。
 アカネズミやハタネズミなど、多くの野ネズミは土の中に巣を作りますが、カヤネズミは、ススキなどの草むらの地表から1mほどの高さの所に、直径10cmほどの球形の巣を作ります。 草の上に巣を作るネズミは珍しく、日本ではカヤネズミだけです。
 草を材料とした巣は、一見小鳥の巣のようでもありますが、カヤネズミの巣は出入り口が分りにくく、全体がほぼ完全な球形をしています。
 最近はカヤ原の減少と共に、その個体数を減少させていますが、堺自然ふれあいの森では、いくつかの巣が見られます。

Kayanezumi091219_1

Kayanezumi091219_2

Kayanezumi091219_3

 巣の外側は裂いたススキなどの葉を編んで作られていますが、寒くなると巣の中にはチガヤの穂などが敷き詰められているようです。 でも、巣を壊してそれを確認することは止めました。

|

« ホラシノブ | トップページ | オオバノイノモトソウ »

動物」カテゴリの記事

コメント

巣の中はきっと、合理的にできてるんでしょうね、
ちょっと長めの尻尾を巣の中ではどんなふうにして寝るのかなぁ~とか、
巣の中での子育てはどんなんかなぁ~とか、
そ~っと、覗いてみたい・・・・・

投稿: わんちゃん | 2009年12月27日 (日) 23時06分

カヤネズミも減少してきているので、そっとしておいてやりたいと思います。
使用されていない巣だと判れば壊して中を見ることもできるのですが・・・

投稿: そよかぜ | 2009年12月28日 (月) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/32725317

この記事へのトラックバック一覧です: カヤネズミの巣:

« ホラシノブ | トップページ | オオバノイノモトソウ »