« タチカモメヅルの葉の上で | トップページ | クビキリギス »

2009年12月 5日 (土)

レオノチス

Leonotis081123_1

 レオノチスは、南アフリカ原産のシソ科の常緑低木です。 学名は Leonotis leonurus、英語では lion's-ear(ライオンの耳)と呼ばれています。

Leonotis081123_2

 花期は晩秋から初冬にかけてで、花期が遅いため、戸外での花は関東以南でしか見ることができません。 ただ、強健で、日当たりが良ければ、乾燥したやせ地でも良く育つ植物です。

Leonotis081123_3

 写真は私の家の近くで撮ったものですが、晩秋の農村に不思議とよく似合っていました。

 

|

« タチカモメヅルの葉の上で | トップページ | クビキリギス »

園芸」カテゴリの記事

コメント

ずいぶんと背い高ノッポのようですね。
お花の少ない時期に頑張ってますこと、
気分が、パァ~~ッと明るくなります。

実物、見たこと無いです。

投稿: わんちゃん | 2009年12月 7日 (月) 00時49分

こんばんは、
以前・・・といってもダイブ昔ですね。
コメントをさせていただきましたあらたです!
ちょっと前からブログを始めていて、ここのブログさんもちょくちょく見に来たいので、
自分のブログにリンクを貼ってもよろしいですか?・・・というか貼ってしまって居るんですが(!?)
もしあれでしたらリンクはずします。
あ、私のサイトは適当な日々のブログなので貼って貰わなくて良いですよ!

投稿: あらた。 | 2009年12月 7日 (月) 01時08分

十分生長してから花をつけるタイプの植物ですね。

あらた。さん、ブログへのリンク、ありがとうございます。
読んでくださる人が増えるのはうれしいこと、リンク大歓迎です。
訪れていただいた折には、ランキングのポチッもよろしくお願いします。

投稿: そよかぜ | 2009年12月 7日 (月) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオノチス:

« タチカモメヅルの葉の上で | トップページ | クビキリギス »