« アケボノソウの花粉媒介をする昆虫② | トップページ | クモノスモンサビカミキリ »

2009年10月18日 (日)

ヤマホオズキ

 岩湧山の登山道の脇にひっそりと実をつけていたヤマホオズキ、稀な植物で、大阪府ではレッドデータの準絶滅危惧種となっていますが、花もそんなに目立つものではなく、実も緑色のガクに包み隠され、気付かずに通り過ぎる人がほとんどなのでしょう。

Yamahoozuki091011_1

 果実のつくりは栽培されるホオズキによく似ていす。 上に書いたように、花が終わった後、ガクは大きく発達して子房から果実への変化を包み隠して保護します。

Yamahoozuki091011_2

 熟すと赤くなる果実の中には、たくさんの種子が入っています。

Yamahoozuki091011_3

 

 

|

« アケボノソウの花粉媒介をする昆虫② | トップページ | クモノスモンサビカミキリ »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

真っ赤なホオズキの中の種を取って
ブユブユ鳴らすまで、なかなかだった子供の頃

ヤマホオズキも熟すと真っ赤になるとか?
中の種を辛抱強く取り除いたら、ブユブユ鳴らせるように出来るのかな?

投稿: わんちゃん | 2009年10月18日 (日) 23時55分

> ヤマホオズキも熟すと真っ赤になるとか?
> 中の種を辛抱強く取り除いたら、ブユブユ鳴らせるように出来るのかな?

そんな・・・
貴重な植物を・・・
まず、そんなに普通には見つかりませんよ。

投稿: そよかぜ | 2009年10月19日 (月) 01時51分

そんなに貴重なんですか?
知らないって、怖い・・・・

こんなに貴重なんだと分かりました。

投稿: わんちゃん | 2009年10月19日 (月) 12時54分

大阪府では準絶滅危惧種ですが、絶滅危惧種になっている県もたくさんあります。

投稿: そよかぜ | 2009年10月19日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマホオズキ:

« アケボノソウの花粉媒介をする昆虫② | トップページ | クモノスモンサビカミキリ »