« ヤマホオズキ | トップページ | ケケンポナシ »

2009年10月19日 (月)

クモノスモンサビカミキリ

Kumonosumonsabikamikiri091011_1

 稀な植物であるヤマホオズキの葉柄にしがみついている稀なカミキリ、クモノスモンサビカミキリです。
 クモノスモンサビカミキリの名前は、鞘翅に白い蜘蛛の巣状の模様を持った、サビカミキリの仲間(鉄錆のような色をした種が多い)ということだと、私は理解しているのですが、クモノスモンサビカミキリについていろいろ書かれているものはほとんどありません。 ビーティング( 木の枝などを叩いて落ちてくる昆虫を網で受けて採集する方法 )で採集されている場合が多く、行動の観察記録などは少ないようです。
 とにかく、鞘翅にまでトゲを生やした、トゲだらけの、体長7~8mmの小さなカミキリムシです。

Kumonosumonsabikamikiri091011_2

 

 

|

« ヤマホオズキ | トップページ | ケケンポナシ »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

ホンマにしがみついてますね、
7~8㎜ですか、
見つけはったということがスゴイのと
パキッと撮れてるところがスゴイ

このちっちゃ虫の体中、トゲだらけなんもスゴイ・・・・・

投稿: わんちゃん | 2009年10月19日 (月) 13時07分

探して見つかるものでも無いですし、出会いは運ですね。

投稿: そよかぜ | 2009年10月19日 (月) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クモノスモンサビカミキリ:

« ヤマホオズキ | トップページ | ケケンポナシ »