« タケニグサ | トップページ | タマゴタケ »

2009年8月22日 (土)

イワタバコ

Iwatabako090808_2

 金剛山で撮ったイワタバコです。 イワタバコは湿った岩などに生え、時には大きな群落を作ります。

Iwatabako090808_1

 イワタバコ科は大きなグループで、園芸植物としても多くの種が知られていますが、主に世界の熱帯から亜熱帯を中心に分布するグループで、日本には数種しかなく、そのうちでよく見かける種としてはイワタバコしかありません。 イワタバコ科の植物の多くが左右相称の花をつけ、イワタバコのような放射相称の花は少数派です。
 イワタバコの多くの花は、斜め下を向いて咲いています。 花柱を取り囲む5本のオシベの葯は、根元付近が太くなっていて、そこから花柱に沿って細長く伸び、合生していて筒状になっています。 花粉は花柱側に出ますので、外見からはほとんど花粉を見ることができません。 花冠の底部には黄色い蜜標があり、虫がそこをめがけて入ってきて葯の膨らみを押すと、葯が合成して作る筒状の先端から花粉が押し出され、花粉が虫にふりかけられるしくみになっています。

Iwatabako090808_4

 

|

« タケニグサ | トップページ | タマゴタケ »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

岩が苔むしてます、のが見えます
そこは暗~い、じめ~~としたところでしょうか?

このお花のしくみと、虫が黄色い蜜標めがけて入ってくるということに感動モンです。

>イワタバコの多くの花は、斜め下を向いて咲いています。

このことは、このお花と虫の関係に大切なこと、でしょうか?

投稿: わんちゃん | 2009年8月22日 (土) 17時23分

イワタバコの多くの花が斜め下を向いているのは、花粉が出たときに、その方が虫の体に花粉が降りかかる確立が高いからではないでしょうか。
どんな虫がどのようにしてイワタバコの花に入るのか、これも要観察ですね。

投稿: そよかぜ | 2009年8月23日 (日) 07時10分

おはようございます♪
イワタバコ見たい見たいと思ってる花です
思ってるよりが葉も花茎も大きそう
葉には光沢があるんでしょうか

投稿: エフ | 2009年8月25日 (火) 08時48分

葉が大きくてタバコの葉に似ているのでイワタバコ。光沢はあります。
この葉は山菜としても利用されます。

投稿: そよかぜ | 2009年8月25日 (火) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イワタバコ:

» 木酢液 [木酢液]
木酢液は最近非常に注目されています。木酢液は昔から園芸用の天然の農薬として重宝されていましたが、最近、木酢液は美肌に効果があると注目されています。アトピーや水虫や乾燥肌にも効果があるとされていますよね。その木酢液の効果について私なりに調べてみました。 [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 12時51分

« タケニグサ | トップページ | タマゴタケ »