« マルガタハナカミキリ | トップページ | ニホントカゲ »

2009年8月 1日 (土)

ツネノチャダイゴケの幼菌

Tsunenochadaigoke090725_2

 上は、キノコの一種、ツネノチャダイゴケの幼菌です('09.7.25. 金剛山にて撮影)。 1円玉はメジャーの代りに置きました。
 この幼菌が熟すると、表隔膜が裂開し、こちらに載せたようなコップ形に“変身”します。
 近くには、表隔膜が裂開して小塊粒も出てしまった空の“コップ”もありました(下の写真)。

Tsunenochadaigoke090725_3

shine

(以下、8月9日追記)
 下は、上の最初の写真と同じ場所の、ちょうど14日後の写真です。 2週間後、新しい幼菌は急速に大きくなっていますが、小塊粒の完成までには時間がかかるようです。

Tsunenochadaigoke090808_1

 

 

|

« マルガタハナカミキリ | トップページ | ニホントカゲ »

菌類・変形菌等」カテゴリの記事

コメント

8月9日、写真を追加して、2週間後の変化が分るようにしました。

投稿: そよかぜ | 2009年8月 9日 (日) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/30782079

この記事へのトラックバック一覧です: ツネノチャダイゴケの幼菌:

« マルガタハナカミキリ | トップページ | ニホントカゲ »