« セアカツノカメムシ | トップページ | エゾルリソウ »

2009年7月 7日 (火)

エゾハナシノブ

Ezohanasinobu090614_1

 六甲高山植物園には、低山帯の植物から、いわゆる高山植物まで、いろいろな植物が育てられています。
 そのなかで、いわゆる高山植物にとっては、六甲山は低すぎます。 つまり暖かすぎます。 ですから、その植物が本来の環境で咲くより、六甲高山植物園では早くに花を見ることができることになります。
 これから時々、六甲高山植物園で撮った写真を、本来の生育地では今頃咲いているだろうという時期に載せていくことをしたいと思います。 名付けて「現地では今」シリーズ。
 今回はエゾハナシノブです。 ハナシノブの仲間は、南北アメリカには多いのですが、日本には少なく、九州で見られるハナシノブ、本州中部の高山帯に稀なミヤマハナシノブ、それに北海道で見られるカラフトハナシノブとこのエゾハナシノブくらいです。
 エゾハナシノブは、日本のハナシノブの仲間の中では、大きな花を咲かせます。 現地ではもう少し逞しく咲いているようですが、六甲高山植物園ではどうにか育っているといった感じです。 でもそれがかえって、切れ込んだ葉とともに、やさしく、涼しさを感じさせてくれていました。
 六甲高山植物園では6月14日に撮影し、花はほとんど終わりかけていましたが、北海道では今頃咲いていることでしょう。

|

« セアカツノカメムシ | トップページ | エゾルリソウ »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

ホンマに涼しそうなきれいな青色ですね

見てると小さなお花のように思ってしまうのですが、この仲間では大きな方だそうですね

投稿: わんちゃん | 2009年7月 7日 (火) 16時54分

> 見てると小さなお花のように思ってしまうのですが、

どうやら私は小さいものを拡大してしか撮らないという先入観ができてしまっているようですね。
(事実ですけど・・・)
花冠の長さは2~2.5cmくらいです。

投稿: そよかぜ | 2009年7月 7日 (火) 22時58分

そういえば、私もです
1㌢未満ぐらいのちっちゃなお花を
画面(?)いっぱいに撮ってしまうのです。

すると、メシベ、オシベが意外とリアルに見えて「へぇ~~」って驚かされることも時々アリです。

投稿: わんちゃん | 2009年7月 8日 (水) 10時53分

私の場合は、それに加えて、ちっちゃな虫を大きく撮ったり、遠くに小さく見える鳥を大きく撮ったり・・・

投稿: そよかぜ | 2009年7月 8日 (水) 22時21分

初めまして!

山でクサタチバナのピンク色のを見つけ
まして、いろいろ調べているうちに、こ
のブログにたどり着きました。

自然の姿を、キレイな写真と詳しい解説?
で紹介していて、なるほどーって思う事
ばかりです。

これからも、ちょくちょく拝見させてもら
いますね。

投稿: たろ | 2009年7月 8日 (水) 22時44分

たろさん、はじめまして。
埼玉のタロさんからも時々コメントをいただくのですが、たろさんのフィールドは南アルプス中心でしょうか。いろんな花がいっぱいですね。それに海も・・・
これからもよろしくお願いします。

投稿: そよかぜ | 2009年7月 9日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エゾハナシノブ:

« セアカツノカメムシ | トップページ | エゾルリソウ »