« ミヤマタゴボウ | トップページ | ツネノチャダイゴケの幼菌 »

2009年7月31日 (金)

マルガタハナカミキリ

Marugatahanakamikiri090725_1

 オカトラノオの花に来ていたマルガタハナカミキリです。
 全国的に見られますが、成虫の鞘翅の斑紋には変化が多いようです。 さらに、鞘翅の表面には金色のビロード状の毛が生えていますので、この鞘翅にある黒い斑紋が、見る角度によって、濃くなったり薄くなったりします。

|

« ミヤマタゴボウ | トップページ | ツネノチャダイゴケの幼菌 »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

上半身、花粉まみれになってェ・・・・

片方の触覚が抜けてしまってるぅ・・・・
不便じゃないですか?
もう生えてこないのかな?

投稿: わんちゃん | 2009年7月31日 (金) 08時41分

> 片方の触覚が抜けてしまってるぅ・・・・

観察力が鋭くなりましたねぇ。
いちばん分りにくい角度から撮ったつもりだったんですが・・・

> もう生えてこないのかな?

もうこれ以上は脱皮しませんから、無理でしょう。

投稿: そよかぜ | 2009年8月 1日 (土) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルガタハナカミキリ:

« ミヤマタゴボウ | トップページ | ツネノチャダイゴケの幼菌 »