« ヤブデマリ | トップページ | アサザ »

2009年6月17日 (水)

ナガバモミジイチゴ

Nagabamomijiichigo090606_1

 ナガバモミジイチゴは崩落地や山道の周辺などでよく見るキイチゴです。 葉の形には変異が大きいものの、赤いキイチゴ類の多い中での橙黄色の果実は特徴的で、あまり迷わず同定できます。 果実は酸味が利いていて、嫌味の無いあっさりとした甘さです。 が、枝にたくさんある刺には要注意です。
 下の写真で、細く黒っぽい糸状のものはメシベの花柱のあとです。

Nagabamomijiichigo090606_2

 花は4月頃、葉の展開直後に、白い花を下向きに咲かせます。

Nagabamomijiichigo070421_1

|

« ヤブデマリ | トップページ | アサザ »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

モミジの葉っぱを長くしたような・・・
ナルホドです。

「このイチゴは間違いないですよ」
どれどれ・・・・
う~~ん ほのかな甘味、酸っぱさはあんまり気にはなりませんでした。

枝からぶら下がって生っている実
手を伸ばせばポロッと手の内に
あ~~ 美味しかった・・・・

よくよく見るとスゴイ棘
ナガバモミジイチゴの実ばっかり見てて・・


投稿: わんちゃん | 2009年6月17日 (水) 12時11分

すっぱいというほどではないにしても、いちばん酸味を感じるのは、このナガバモミジイチゴではないでしょうか。甘みと酸味がほどよくミックスされた味だと思います。

投稿: そよかぜ | 2009年6月18日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/30145089

この記事へのトラックバック一覧です: ナガバモミジイチゴ:

« ヤブデマリ | トップページ | アサザ »