« ヨダンハエトリ(オス) | トップページ | シンジュサン »

2009年6月 1日 (月)

キツネアザミ

Kituneazami090523_4

 アザミのようだがトゲが無い。 狐に騙されたようなアザミというので、キツネアザミです。
 分類学的にも、キツネアザミの学名は Hemistepta lyrata で、アザミ属(Cirsium属)とは区別されています。
 下は花(頭状花序=頭花)の拡大。 頭花はたくさんの筒状花からなっていますが、小花(1つひとつの花)はアザミの仲間のようにシャキッとしていません。 総苞片の先には角のような出っぱりがあり、出外側の総苞片ほどこの出っぱりは大きくなっています。

Kituneazami090523_5

 この時期、早く咲いた花は、もう種子(正確には痩果)になっています。 アザミの仲間の冠毛は羽状に枝を分けるのですが、キツネアザミの冠毛も、アザミでないにもかかわらず、ちゃんと羽状に枝を分けています。 こんなところまで似ているんですね。

Kituneazami090523_6

Kituneazami090523_3

 キツネアザミは、日本では本州以南の農地の周辺や農耕放棄地でよく見られますが、朝鮮・中国・インド・オーストラリアなど温帯から暖帯に広く分布していて、古代に農耕と共に日本に入ってきた史前帰化植物だと考えられています。

|

« ヨダンハエトリ(オス) | トップページ | シンジュサン »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

>古代に農耕と共に日本に入ってきた史前帰化植物だと考えられています。

キツネアザミがそんなに古くからあるんだぁ、じゃぁアザミはもっともっと古くからあるんですね?

冠毛の写真がきれいです。
まるで、おキツネ様に騙されてるよう・・・

投稿: わんちゃん | 2009年6月 1日 (月) 21時54分

もとから日本に分布していた植物なら、人類出現以前から日本(という概念も無いでしょうが)に生えていたかも。
この記事は、そもそも冠毛がきれいだったので書いた記事なんですよ。

投稿: そよかぜ | 2009年6月 2日 (火) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キツネアザミ:

« ヨダンハエトリ(オス) | トップページ | シンジュサン »