« イヌガンソク | トップページ | ネズミムギ »

2009年5月26日 (火)

トビイロツノゼミ

Tobiirotunozemi090523_3

 上のように横から見ると、アブラゼミに似てなくもないようですが・・・

 下は背中側から撮ったもので、ツノが分かります。 また、この写真はギシギシの仲間の葉柄にいるところを撮っているので、その大きさも分かっていただけるでしょう。 体長は5~6mmです。

Tobiirotunozemi090523_1

 もう一枚、正面からの写真も載せておきます。

Tobiirotunozemi090523_2

 トビイロツノゼミはツノゼミ科に分類されている昆虫で、もっと大きな分類でいえば、半翅目ですので、セミ、カメムシ、ウンカやヨコバイなどと同じ仲間ということになります。
 ツノゼミの仲間は日本には20種ほどいるのですが、このトビイロツノゼミはその中では最も普通に見られる種類です。 いろんな植物の汁を吸っていますし、観察できる期間も、成虫越冬ですので、早春から、秋遅くまで見ることができます。
 でも、小さいので、見過ごしてしまうことも多いでしょうね。

|

« イヌガンソク | トップページ | ネズミムギ »

昆虫03 カメムシ・セミ」カテゴリの記事

コメント

散歩道にスイバがいっぱいあります。
と言っても、 
>体長は5~6mmです。
だったら、よっぽど、集中力を持って探さないと見つからないかな?
でも、背中から横から正面からと、撮らしてくれるくらいじっとしているんなら、注意深く見ると会えるかも??

ちっちゃいけれど、飛び掛ってチクッと刺したりしませんか?

投稿: わんちゃん | 2009年5月28日 (木) 11時01分

> ちっちゃいけれど、飛び掛ってチクッと刺したりしませんか?
口を武器には使いませんから、ご安心を。
もしこの植物の汁を吸う口を武器にするのなら、長い剣を持つセミには怖くて近づけませんよ。

投稿: そよかぜ | 2009年5月29日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トビイロツノゼミ:

« イヌガンソク | トップページ | ネズミムギ »