« チョウゲンボウ | トップページ | オスのツマキチョウ »

2009年4月20日 (月)

春の渡り(大阪城の夏鳥たち)

 冬鳥たちは次々と北に帰っていきます。 私の家の近くの大蓮池のカモもずいぶん少なくなりました。
 代って、冬の間を暖かい東南アジアで過ごした夏鳥たちが、次々と飛来してきています。 これらの鳥たちはしばしの休憩を取りながら、次第に本州中部から東北へ、そして北海道へと分布を広げていきます。
 これらの鳥たちは、当然大阪付近も通過するわけですが、緑の少ない大阪では、しばしの休憩を取る場所として、鳥たちは緑のある場所に集中することになります。 これらの場所として、大阪府下では、大泉緑地、南港野鳥園、長居公園、大阪城、服部緑地、鶴見緑地などが挙げられます。 特に大阪城公園は木も大きく育っており、そのうえ石垣による高低差があって、場所によっては高木の上にいる鳥を横から見ることができるというメリットもあります。
 本来ならば信州などの山に出かけなれれば会えないような鳥達に会えるのですから、土日は人が多いといえどもじっとしてはおれません。 4月18日、天気も出かけることを促しているようです。 大阪城に出陣です。

Oosakajou090418_1

 その時に写真に撮れたのは、オオルリ、キビタキクロツグミアカハラ、センダイムシクイ、コサメビタキです。 その他、漂鳥ですが南からも来るクロジも撮る事ができました。 特にオオルリはあちこちで見ることができました。 この他、情報として聞いたところでは、コマドリ、ヤブサメなども最近大阪城にいたようです。

Ooruri090418_1
    木漏れ日の中のオオルリ
    陽に当たったオオルリの美しい色は「オオルリ」の記事で。

 鳥の種類によって渡りの時期は少しずつずれるのですが、ここ暫くが第一陣のピークになるようです。 このピークは大阪府下では4月の終わりには枚岡公園などの山麓に、そして5月の上旬には金剛山頂などに移っていくようです。
 大阪城にはこの後、コルリ、ノゴマ、サンショウクイなどの第二陣が、そして5月中旬までには、サンコウチョウ、ジュイチ、ツツドリ、マミジロなども飛来するはずです。 しばらく出会いの楽しみが続きます。

 上に名前を出した鳥たちは、順次できるだけ紹介していきたいと思っています。 でも春は虫も花も載せたいものが目白押しで・・・ とりあえず今日は大阪城公園で春に見られる夏鳥たちの概略だけを載せることにしました。
 春は楽しくいそがしい季節です。

|

« チョウゲンボウ | トップページ | オスのツマキチョウ »

野鳥2 陸の鳥」カテゴリの記事

コメント

大阪城、春の陣・・・・

聞いたことの無い、見たことの無い
鳥たちの出現で私も、あわてて出陣の準備の真っ最中・・・・

でもでも、鳥類図鑑も無ければ何も無い
討ち死にじゃぁ~~~無念。

投稿: わんちゃん | 2009年4月20日 (月) 17時10分

見るだけなら双眼鏡1つで楽しめます。
さえずりも聴くことができますので、耳でも楽しめますよ。

投稿: そよかぜ | 2009年4月21日 (火) 00時30分

それは

鳥のことよ~く知ってないとアカンのやないですか?
双眼鏡で覗いても、さっぱり解らない
囀りも♪ホーホケキョ♪しかわからへんのです
・・・・けど。

それとも、修行が足りないのかな?

投稿: わんちゃん | 2009年4月21日 (火) 21時52分

かわいい~ きれい~ いい声~ だけでは満足できなくなってきたようですね。

投稿: そよかぜ | 2009年4月22日 (水) 06時52分

実際に、鳥撮りのモデルになった鳥たちは
やはり記憶に残ってますわ・・・
おかげさまで・・・・

投稿: わんちゃん | 2009年4月23日 (木) 15時01分

しっかり見た鳥は一度で覚えられる・・・
本物は何か図鑑やビデオには無いそれだけのものを持っているのでしょうね。

投稿: そよかぜ | 2009年4月24日 (金) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/29201165

この記事へのトラックバック一覧です: 春の渡り(大阪城の夏鳥たち):

« チョウゲンボウ | トップページ | オスのツマキチョウ »