« ゴジュウカラ | トップページ | ユリワサビ »

2009年4月14日 (火)

ツノハシバミの花

Tsunohasibami090405_1

 金剛山でツノハシバミの花が咲いていました。 花の盛りは過ぎ、特に雄花はほとんど終わっていました(4月5日撮影)。
 ツノハシバミは雌雄異花です。 雌花は枝の先の方に、尾状花序である雄花は枝の下の方につきます。 雌花は10個前後の花が芽鱗に包まれ、赤い柱頭を外に出しています(下の写真)。 1つの花の柱頭は2股に分かれていますから、花の数は外に現れている柱頭の数の半分ということになります。

Tsunohasibami090405_2

 秋になると、堅果が緑色の筒状の総苞に包まれて実り、食べることができます。 ヘーゼルナッツは、このツノハシバミに近縁のセイヨウハシバミの実です。

|

« ゴジュウカラ | トップページ | ユリワサビ »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

>秋になると、堅果が緑色の筒状の総苞に包まれて実り、食べることができます

ここに注目しました。

投稿: わんちゃん | 2009年4月14日 (火) 22時54分

緑色の筒状の総苞に包まれているというのがクセモノで、堅果が目立ちにくくなっています。
ちょうど堅果の実る時期にそこを通り、食べたことは1度きりしかありません。
今年は豊作が期待できるかな?

投稿: そよかぜ | 2009年4月15日 (水) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/29110988

この記事へのトラックバック一覧です: ツノハシバミの花:

« ゴジュウカラ | トップページ | ユリワサビ »