« マエアカスカシノメイガ | トップページ | フサザクラ »

2009年4月 7日 (火)

ミソサザイ

Misosazai090405_1

 5日の日曜日、金剛山に行ってきました。 目的のひとつはミソサザイのさえずりの様子を写真に撮りたかったこと。 渓流沿いの道を歩くと、あちこちからミソサザイのさえずりが聞こえてきます。 体は小さいのに、たいへん大きな声です。
 ミソサザイのさえずりを聴くことのできる期間は長く、いろんな時期に聴くことができるのですが、そのうちでも今の時期あたりが最もよくさえずっているような気がします。 ミソサザイは冬は一部の個体が平地や低山帯に降りてきて越冬し、繁殖は亜高山帯~高山帯で行われるとされていますが、金剛山でも繁殖しています。
 '08年5月2日のこのブログの記事で、4月29日に金剛山でミソサザイのさえずりがあちこちで聞かれたことと、巣材を運ぶミソサザイの写真を載せました。 さえずりの期間が長いということは繁殖の期間も長く、何度か子を育てるのだと思うのですが、やはり最初の巣作りに入る前が、いちばんよくさえずる時期ではないでしょうか。
 でも、さえずりの期間が長いということは、さえずってばかりでは腹が減ってしまいます。 今回は1羽のミソサザイを半時間ほど観察し続けてみたのですが、さえずったのは3回、時間にして2分ほどで、後は斜面で落ち葉をひっくり返して虫などの餌を探していました。 ミソサザイは体長10cmほどで、日本で最小クラスの大きさの鳥です。 しかも体の色は杉の枯れた葉などとよく似た暗い色をしています。 でも、チョコチョコと動いている場合は、目を離さずにいると追い続けることができます。 むしろ動かずにさえずっている場合は、近くにいても、なかなか見つけることができません。

Misosazai090405_2

 後ろから撮ると、短い尾をいつも上にあげているミソサザイの仲間特有のポーズがよく分かります。

Misosazai090405_3

|

« マエアカスカシノメイガ | トップページ | フサザクラ »

野鳥2 陸の鳥」カテゴリの記事

コメント

カワイイかわいい可愛いカワイイ・・・・・

投稿: わんちゃん | 2009年4月 8日 (水) 11時52分

あぁ~~ カワイイ~~

投稿: わんちゃん | 2009年4月 8日 (水) 17時40分

ちっちゃな体でそんなに大きな声を出して大丈夫? と心配になるほど一生懸命さえずっている姿を直接見ると、もっとかわいくなるかも・・・

投稿: そよかぜ | 2009年4月 9日 (木) 06時38分

一生懸命に鳴いている姿は何ともかわいいですね。それにしても良く撮れていますね。こんなにきれいに撮れると写真にますますはまっていくような気もします。私は動き回る魚の撮影に手を焼いています。

投稿: imaiti | 2009年4月 9日 (木) 21時36分

鳥の写真は、鳥との出会い(運)と撮影の難しさ(大きさ、距離、動き)の、適度な困難さがあるから、撮影がおもしろいのでしょうね。
水槽の魚の写真は、素人の考えですが、最近は防水のコンデジもたくさんでていますから、水中でストロボをたけば動きも止まるのではないでしょうか。

投稿: そよかぜ | 2009年4月10日 (金) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/29002902

この記事へのトラックバック一覧です: ミソサザイ:

« マエアカスカシノメイガ | トップページ | フサザクラ »