« 寄ってたかって | トップページ | クヌギの根元 »

2008年12月13日 (土)

樹皮下の越冬

 木は、幹が太くなるにつれ、樹皮のすぐ下で新しい樹皮が作られ、表面にあった古い樹皮は“はちきれて”裂け目ができ、順次剥がれ落ちていきます。 裂け目のでき方などは木の種類によって異なりますが、ケヤキの場合は、うろこ状に剥がれてきます。
 このケヤキの樹皮の“うろこ”の裏は、虫たちの良い越冬場所になっています。 11日に記事にしたクロハナカメムシなどもこの“うろこ”の裏で越冬するのですが、樹皮を剥いでいくと、越冬中のさまざまな虫たちが現れます。

Keyaki_juhi

 下はガのサナギです。 剥ぎ取った樹皮にくっついています。

Sanagi081129_1

 下はゴキブリの一種。 屋内で見かけるゴキブリの種類は限られていますが、多くの種類の家に入り込まないゴキブリがいます。

Gokiburi081129_1

 どんな虫が現れるのか、わくわくしながら樹皮を剥いでいくのはたいへん楽しいのですが、越冬中の虫たちの“布団”を剥いで寒風にさらすのは心苦しい面もあり、ほどほどで止めることにしました。

|

« 寄ってたかって | トップページ | クヌギの根元 »

自然」カテゴリの記事

コメント

ほどほどで止めるお人が居なくなると、
世の中タイヘンどす・・・・
正解でしたね。

ぬくぬくとしていたのに「何、すんねん!」
と言われそう・・・・・

投稿: わんちゃん | 2008年12月13日 (土) 11時07分

冬眠を始めたばかりの動くことのできる虫なら移動もしてくれるでしょうが、移動できないサナギなどには、ほんとうに悪いことをしてしまいました。
でも、また違う場所で「樹皮めくり」やりたいな・・・

投稿: そよかぜ | 2008年12月14日 (日) 00時21分

そんなに、楽しいものなら
私も・・・・・?

投稿: わんちゃん | 2008年12月14日 (日) 13時32分

お互いにほどほどに・・・ね

投稿: そよかぜ | 2008年12月14日 (日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹皮下の越冬:

« 寄ってたかって | トップページ | クヌギの根元 »