« レイジンソウ | トップページ | サクラタデ »

2008年10月14日 (火)

キイジョウロウホトトギス・キバナホトトギス

 今回は六甲高山植物園で咲いていた黄色いホトトギス2種です。

Kiijourou081004_1

 キイジョウロウホトトギス(上の写真)は、紀伊半島に産するつやのある黄色い花を咲かせるホトトギスです。 花は下向きに垂れ、半開きのままで終わります。 ジョウロウホトトギスに似ていますが、葉はより細くて光沢があります。
 上臈(ジョウロウ)とは江戸幕府大奥の職名で、この植物の姿が優雅な貴婦人を連想させるところから、この名がつきました。
 山草として人気が高く、乱獲により少なくなってしまいましたが、和歌山県すさみ町には「キイジョウロウホトトギスの里」が作られているようです。

 日本には黄色い花をつけるホトトギスが8種知られています。 どの種類も自生地は限られていて希産種なのですが、あちこちで栽培され始めました。
 下はキバナホトトギスです。

Kibanahototogisu081004_1

Kibanahototogisu081004_2

|

« レイジンソウ | トップページ | サクラタデ »

草3 単子葉」カテゴリの記事

コメント

葉っぱを突き抜けてお花が咲いているように
見えるのは錯覚??

投稿: わんちゃん | 2008年10月15日 (水) 01時04分

花は葉を突き抜けてはいません。でも、葉は柄が無く、葉の基部がハート型にへこんで茎を抱いていますので、そのように見えてもしかたがないですね。

投稿: そよかぜ | 2008年10月15日 (水) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キイジョウロウホトトギス・キバナホトトギス:

« レイジンソウ | トップページ | サクラタデ »