« ナツフジ | トップページ | キツネノハナガサ »

2008年9月 7日 (日)

ヒメカバイロタケを食べるニッポンマイマイ

Nipponmaimai080906_1

 このところ、雨の降る日が続きます。 でも、雨が多いことで観察の機会が増える生きものたちもいます。
 カタツムリの仲間も元気です。 雨続きでマツの切り株に生えたヒメカバイロタケを食べにニッポンマイマイが来ていました('08年9月6日「堺自然ふれあいの森」の林の中で撮影)。

Nipponmaimai080906_2

 ニッポンマイマイは、山型に尖った殻を持つ、山林などで見ることのできるカタツムリです。

Nipponmaimai080906_3

 下のヒメカバイロタケ(キシメジ科)はかじられています。 そのため、ひだが垂生している様子など、キノコを見分けるときに大切になるひだの様子がよく分かります。

Himekabairotake080906_1

|

« ナツフジ | トップページ | キツネノハナガサ »

菌類・変形菌等」カテゴリの記事

無脊椎動物(その他)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
ニッポンマイマイ・・・日本のカタツムリの代表?
九州にはいないようです残念
殻に厚みがあるんですね 
山型過ぎて移動するのが大変そう
ニッポンマイマイが食べてるとなんだかこのヒメカバイロタケが
おいしそうに見えますね

投稿: エフ | 2008年9月 9日 (火) 22時30分

カタツムリの分類についても、詳しく整理されたHPが無いですね。
カタツムリも見る機会が少なくなったように思いますが、この夏の終わりは雨が多くていろんな種類を見ることができました。

「ココログ」の仕様が少し変わりましたね。慣れるまで少し試行錯誤が続きそうです。

投稿: そよかぜ | 2008年9月10日 (水) 06時37分

ニッポンマイマイからマイマイコンコンを連想する私って??


尖がってますね、見たこと無いです。
5㍉未満(季節限定)のから2㌢くらいまでのが
ウチの近所ではウロウロしてますが・・・・

投稿: わんちゃん | 2008年9月15日 (月) 16時06分

カタツムリの仲間の「○○マイマイ」は殻の渦から来ていると思うので、マイマイコンコンと語源は同じなんでしょうね。
カタツムリも種類が多くて主に貝殻だけから見分けるわけですから、難しいですね。

投稿: そよかぜ | 2008年9月15日 (月) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメカバイロタケを食べるニッポンマイマイ:

« ナツフジ | トップページ | キツネノハナガサ »