« ノブキ | トップページ | アキチョウジ »

2008年9月21日 (日)

カリガネソウ

Kariganesou080907_1

 金剛山の林床でカリガネソウが咲いていました。 とは言っても、咲いていたのは「ちはや園地」でしたので、植えられたものかもしれません。 私が今まで見たカリガネソウは、もっと明るいところに咲いていました。
 カリガネソウの花はユニークな形をしています。 花は横向きで花弁は5枚、その花弁の間をすり抜けて、メシベと4本のオシベか高く伸び、上でくるりと曲がっています。 虫が花を訪れて花弁にとまると、虫の重みで花序が垂れ下がり、花弁とオシベ・メシベの角度が変わり、虫の背中に花粉と柱頭が付くといわれているのですが、私はまだその様子を見ることができません。 それほど角度が変わるものなのか、少し疑っています。
 「カリガネソウ」の名前についても、納得できないでいます。 カリガネという、冬鳥として少数が日本に飛来する小型のガンがいますし、「カリガネ」はガンの別名でもあるのですが、どのように見ればガンの姿に似ているのでしょうか?

Kariganesou080907_2

|

« ノブキ | トップページ | アキチョウジ »

草2 離弁花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
カリガネソウは面白い形の花ですね。
私も虫が止まった時の様子は見たことがありませんが、一度見てみたいですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2008年9月21日 (日) 17時52分

シソ科のようなシソ科でないような・・・
花も果実もそうなのですが、果実を撮るには少し早かったようです。

投稿: そよかぜ | 2008年9月21日 (日) 21時01分

金剛山は秘密のようなお花がいっぱい咲いてますね・・・・

両手でゆっくりと鳥が飛ぶように動かしてみたら、その手が丁度、二枚目の写真のお花のようになりました。

もしも、茎がくるくる回ったら風見鶏のようね。

投稿: わんちゃん | 2008年9月22日 (月) 00時00分

花も変わっていますが、植物全体の姿も見慣れた姿とは少し違います。分枝の角度が90°に近く、茎の曲がり方も直角に近いからでしょうが、とにかく特徴のある植物です。

投稿: そよかぜ | 2008年9月22日 (月) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリガネソウ:

« ノブキ | トップページ | アキチョウジ »