« オオカマキリ | トップページ | アサギマダラ »

2008年9月11日 (木)

オタカラコウ

Otakarakou080907_1

 大阪府と奈良県の境にある金剛山の、渓流沿いや湿ったところで、オタカラコウがたくさん咲いていました。 キク科の大形の多年草で、花茎はよく伸びたものでは1mにも達しています。
 オタカラコウの名の由来については、メタカラコウという植物もあり、雌タカラコウに対する雄タカラコウなのですが、この「タカラコウ」については、根茎の香りが龍脳香(「宝香」とも言われます)に似ているからとも、ツワブキの別名「タカラコ」から来ているとも言われています。 龍脳香とはラベンダー油に含まれるアルコールの一種の香のようです。

 少し涼しくなるとともに、いろんな花が咲き出し、虫たちの動きも活発になってきました。 金剛山へは9月7日に行って来たのですが、自宅付近で写した写真もたくさんたまっていることもあり、金剛山での写真の紹介が少し遅れてしまいましたが、今日からしばらくは金剛山の秋の植物や虫たちの紹介を続けようと思います。
 南海バスから「全線1日フリーカード」が1,000円で販売されています。 これを利用して、泉ヶ丘駅から出ている「河内長野」行きの南海バスに自宅そばのバス停から乗り、河内長野で「金剛山ロープウェイ前」行きに乗りかえ、金剛山へは徒歩で登り、逆のルートで帰ってくれば、弁当持参であれば、1,000円ポッキリで金剛山で1日中楽しめることになります。 金剛山は私にとっては、たいへん身近な山です。

|

« オオカマキリ | トップページ | アサギマダラ »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

金剛山の秋の様子、楽しませていただきます。

「龍脳香」いっぺん嗅いでみたい・・・・

そよかぜさんのオウチから金剛山てホンマに近いんですね。

投稿: わんちゃん | 2008年9月14日 (日) 21時34分

金剛山へはフリーカードを使えば値段は安いのですが、路線バスですので、時間はけっこうかかります。でも、自家用車の場合のように元の駐車場所に戻らなくていいので、気に入ってます。
金剛山もいろんな登山コースがあるんですよ。

投稿: そよかぜ | 2008年9月15日 (月) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オタカラコウ:

« オオカマキリ | トップページ | アサギマダラ »