« コハンミョウ | トップページ | ホウネンエビ »

2008年7月 1日 (火)

コジキイチゴ

Kojikiichigo080628_1

 「堺自然ふれあいの森」でコジキイチゴの実が色づき始めていました。
 コジキイチゴの名前の由来は、深津正(「植物和名の語源」)によれば、実の形を、蒸し器として弥生時代から使われた土器の「こしき(甑)」に例えた「コシキイチゴ」が濁ったものではないだろうか、ということです。
 美味です。

|

« コハンミョウ | トップページ | ホウネンエビ »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな色をしてるのに「コジキ」とは?
と、読み進むうちに後世の人々の責任なんや、と・・・・・

イチゴ畑の苺とはちょっと形が違うみたいに見えますね、そう言われてみれば・・・

美味!!とは?
甘いの?ですか?

投稿: わんちゃん | 2008年7月 1日 (火) 22時53分

私たちが普通に苺と呼んでいるオランダイチゴと、いわゆる木イチゴとは、たいへん近い仲間ですが、果実のつくりが違います。
まず、オランダイチゴの果実はどこか分かりますか? 自信が無ければこちらでどうぞ。
このコジキイチゴをはじめ、多くの木イチゴ類は果実がジューシーです。
細かい種子はあります(コジキイチゴは種子散布のためにこの実をならしています)が、甘くおいしい実です。

投稿: そよかぜ | 2008年7月 2日 (水) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/22000389

この記事へのトラックバック一覧です: コジキイチゴ:

« コハンミョウ | トップページ | ホウネンエビ »