« ドクガ | トップページ | ヒメスズメバチ »

2008年6月27日 (金)

マルバデイゴ・サンゴシトウ

Marubadeigo080621_1

Marubadeigo080621_2

    マルバデイゴ

Sangositou080621_1

    サンゴシトウ

 来る夏を予告するかのように、マルバデイゴもサンゴシトウも、今が花盛りです。 これらの熱帯花木は温度さえあれば季節を問わず花をつけるようですが、落葉の冬を終え、新しく展開した葉で光合成を行い、花を咲かせるに足る養分を蓄えて花芽を形成し、その花が咲くこの時期が、それぞれの枝の条件が揃っているため、一番多くの花をつける時期です。
 マルバデイゴとサンゴシトウは、きわめて近縁の植物です。 ところが花の向きが上下まるで逆さまになっています。 そこで今日はこの両者を並べて載せてみました。
 写真の花で分かるようにどちらもマメ科の木なのですが、マルバデイゴの花の旗弁は下になっていて、サンゴシトウの多くの花の旗弁は、他の多くのマメ科の花のように上を向いています(上の3枚の写真を比較してみてください)。

one マルバデイゴ(丸葉梯姑)
 沖縄にはデイゴという木がありますが、マルバデイゴというのは、デイゴに似て(同じ仲間です)、葉の形が丸いところからの名前です。 原産地はブラジル南部です。
 このマルバデイゴとよく混同されている植物にアメリカデイゴ=カイコウズ(海紅豆)がありますが、こちらの方は小葉が細長く、葉の先端が尖り気味です。
 マルバデイゴの花は鳥媒花です。 花の赤い色は鳥好みで、昆虫は人には見えない紫外線領域が見えるのですが、昆虫には赤は見えないのです。 そして鳥の硬いクチバシでつつかれても耐えられるように、ガクは厚く硬くなっていて子房を保護し、花弁も厚くなっています。 そして昆虫より体の大きな鳥を満足させられるように、蜜をいっぱい蓄えます。 下の花の断面の写真で、花の付け根に蜜を蓄える広いスペースがあるのが分かります。(ここに蓄えられていた蜜は、断面を作る時にこぼれてしまいました。)

Marubadeigo080621_3

 上で、マルバデイゴの花は、他の多くのマメ科の花とは逆に、旗弁が下を向いていると書きました。 この花のつくりは、どのような意味を持っているのでしょうか。
 じつはハチドリのような鳥がマルバデイゴの花を吸蜜に訪れたとき、オシベの葯とメシベの柱頭は、ちょうど鳥の頭が触れる位置にあるのです。 でも、そのような鳥のいない日本では、種子もできず、鳥のための多量の蜜も、その一部がアリに利用されるだけです。

Marubadeigo080621_4

 この花を見つけたら、近くで枯れたイネ科の草を探してください。 このイネ科の草の節間を切り取って小さなストローを作り、花に差し込んで吸うと、甘い蜜が口の中に広がります。

two サンゴシトウ(珊瑚刺桐、珊瑚紫豆)
 サンゴシトウはヒシバデイコ(菱葉梯梧)とも言われています。 漢字で書かれる場合に最もよく使われる「珊瑚刺桐」は、「珊瑚」は花の色から、枝に少しトゲがあるので「刺」、葉が桐のようだというので「桐」というわけです。
 このサンゴシトウは、シドニー植物園で、アメリカデイコとエリツリナ・ヘルバケアの交配により作られた園芸品種なのです。 エ・ヘルバケアは草本ですので、草と木の交配というたいへん珍しい交配です。
 人工的に作られた植物なので、人にとって美しく見えることが全て。 受粉のしくみはいいかげんです。 そのため花の向きはマメ科本来の旗弁が上になっている花が多いのですが、アメリカデイゴの血も引いているため、横を向く花も出てきます。 旗弁もマルバデイゴのように大きく開きませんので、花は筒状に締まって見えます。

Sangositou080621_2

|

« ドクガ | トップページ | ヒメスズメバチ »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

詳しく詳しく、解説されているのに、
一枚目と四枚目のお花の赤のなんときれいなこと・・・とか、
いっぱい蓄えられていた蜜がナイフを入れた途端、タラ~リと・・・・
その時のそよかぜさんのジダンダ感を想像してみたり・・・
黒板の前で先生が講義されてるのに、窓の外の遠くの空の飛行機雲を眺めていた私を、思い出しました。

投稿: わんちゃん | 2008年6月28日 (土) 00時30分

所詮画像はバーチャル世界。バーチャルな世界で遊んでいただいて、それが現実世界への関心を高めることになれば、すばらしいことだと思います。
タラ~リの蜜は、蜂蜜など貯蔵のために水分が少なくなった蜜。花にあるのはサラリの蜜です。でないと、チョウやガの細長いストロー状になった口で花の蜜は吸えません(つまってしまいます)。
このサラリとした蜜を、雨が入り込んだりした水だと思い込んでしまうと、蜜には気がつきません。この現象をミツカラナイ(蜜・空・無い)と言います(???)。記事に書いたように、口で味わって確かめることが大切です。

投稿: そよかぜ | 2008年6月28日 (土) 06時56分

何事も体験から・・・・が、信条ですね。
未知への体験というのは一歩、引いてしまいます。

>甘い蜜が口の中に広がります。
の誘惑には負けそう・・・・

投稿: わんちゃん | 2008年6月28日 (土) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/21916547

この記事へのトラックバック一覧です: マルバデイゴ・サンゴシトウ:

« ドクガ | トップページ | ヒメスズメバチ »