« ビロードツリアブ | トップページ | キウリグサ・ワスレナグサ »

2008年4月 7日 (月)

キブシ

Kibushi080329_1

 茶色一色の谷筋の落葉樹の林に明かりを灯したように咲いていたキブシの花ですが、いろんな木が春の兆しを見せ始めると、その花も終わりを迎えます。
 キブシは雌雄異株といわれているのですが、そのちがいがどうもよく分かりません。 雄花は淡黄色、雌花は淡黄緑色で子房が発達し、穂の長さも短めだといわれているのですが、色も光がよく当たるか否かで変わってくるような気がしますし、穂の長さもその木の元気さが関係するような気がします。 また、どの花を見てもメシベとオシベがそろっています。
 花を記録した木をマークして結実するかどうかを確かめればいいのでしょうが、そんなにしょっちゅう行かないし・・・

(以下、7日の夜に追記)
 朝に書いた上の記事に対して、多摩の住人さんがトラックバックしてくださいました。 雌花らしいキブシの写真です。 たしかにオシベが退化しているようです。
 こうなると、残る疑問は、この写真のキブシは雄花なのか両性花なのかということになります。 雌株と雄株に分かれているとすると、雄株が多すぎる気がします。

Kibushi080329_2

|

« ビロードツリアブ | トップページ | キウリグサ・ワスレナグサ »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
キブシは私のお気に入りの樹です。雌雄異株ということですが、雌花らしきものは見つけましたが、雄花は両性花といっても良いかも知れません。専門的なことはわかりませんが、雌花らしきものをTBさせていただきますね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2008年4月 7日 (月) 22時17分

TBありがとうございました。
たしかにオシベが退化していますね。
記事にも反映させていただきます。

投稿: そよかぜ | 2008年4月 7日 (月) 23時07分

>専門的なことはわかりませんが、
なんのなんの、私にしたら充分に専門的です

>茶色一色の谷筋の落葉樹の林に明かりを灯したように咲いていたキブシの花ですが、いろんな木が春の兆しを見せ始めると、その花も終わりを迎えます。
この、ツカミの部分いいですね、
キブシがいつどんなところに咲いているのかが良くわかります。

その後はそよかぜさんがキブシに対するお悩みが良くわかります。
そのうちに・・・ではアカンのですよね?

投稿: わんちゃん | 2008年4月 8日 (火) 17時36分

こんばんは♪
キブシに似たハチジョウキブシを先日見つけて
明らかに花の数が少ないのが雌花だと思いました
うーーん観察はもっと観察がいる・・・

ちょっと気になったのはハチジョウツグミのハチジョウと
ハチジョウキブシのハチジョウは同じでしょうか

投稿: エフ | 2008年4月 8日 (火) 22時35分

わんちゃん、文章を褒めていただいてありがとうございます。この調子で国木田独歩の「武蔵野」のような小説に挑戦しようかな(すぐ調子に乗る!)

エフさん、ハチジョウキブシは、暖かい所のものなので、八丈島に関係するのでしょうが、ハチジョウツグミは「?」です。

投稿: そよかぜ | 2008年4月 9日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/12381352

この記事へのトラックバック一覧です: キブシ:

» キブシ・3〜雌花 [多摩ニュータウン植物記Part2]
 花の数が雄花に比べて少なく遠くから見ても、『もしかしたら雌花かな?』 と予想しながら見ている「キブシ(木五倍子)」。小さな花を覗きこんで見ると予想通り雄蕊が退化して柱頭だけが目立つ雌花。キブシの淡黄色は春を感じさせてくれる可愛い花。... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 22時18分

« ビロードツリアブ | トップページ | キウリグサ・ワスレナグサ »